あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

「韓国らしさはどこに?」「なぜキム・ヨナがいない?」=平昌五輪の記念紙幣に批判相次ぐ

配信日時:2016年12月20日(火) 19時20分
「韓国らしさはどこ」「キム・ヨナは?」平昌五輪の記念紙幣に批判
画像ID  537083
19日、韓国メディアによると、18年に行われる平昌冬季五輪を記念し、韓国銀行が発表した記念銀行券のデザインに対するネットユーザーの批判が高まっている。写真は韓国。
2016年12月19日、韓国・ノーカットニュースによると、18年に行われる平昌冬季五輪を記念し、韓国銀行が発表した記念銀行券のデザインに対するネットユーザーの批判が高まっている。「五輪の精神と価値を表現した」と説明する銀行側の期待とは裏腹に、「デザインのクオリティーが低い」などと論争が巻き起こっている。

韓国銀行は16日、SNSなどで「平昌五輪の成功を願い、開催を支援するために韓国初の記念紙幣となる記念銀行券を2017年10〜12月期に発行する」と発表し、2000ウォン券紙幣のデザインを公開した。紙幣の表面にはスピードスケート、アイスホッケー、バイアスロン、ボブスレー、カーリング、スキージャンプ、リュージュの選手の姿が、裏面にはトラと松が描かれている。

銀行側は「表面には冬季五輪を、裏面には韓国を象徴する素材とデザインを採用した」と説明。また、紙幣の色に灰色を選んだ理由について、「灰色は冬のイメージを象徴する色である上、他の紙幣の色とはっきり区別できる」と明らかにした。

銀行側は「韓国の銀行券の品質とデザインレベルを対外にアピールできる機会になると期待している」と強調した。

ところが、記念銀行券のデザインを見た韓国のネットユーザーは、「美しくもなければ韓国らしくもない」「60年代のデザイン?恥ずかしい」「デザインした人を批判すればいいのか、デザインを最終決定した人を批判すればいいのか…」「なぜフィギュアスケートがないの?キム・ヨナが平昌五輪を広報しているのに!」「いっそ韓流スターの顔写真を使ってくれた方がよかった」「このデザインにいくら払った?国民に恥をかかせようとしているとしか思えない」「これも朴大統領の友人の作品かな?」などのコメントを寄せ、冷たい反応を示している。(翻訳・編集/堂本)
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事