コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

一体いくら必要なの?東京五輪の総費用、当初予算の2.5倍に激増―中国メディア

配信日時:2016年11月24日(木) 20時10分
いくら必要なの?東京五輪の総費用、当初予算の2.5倍に激増
画像ID  535061
日本のメディアは22日、東京五輪組織委員会の資料を引用した上で、実際の総費用は、五輪招致の際に発表した見積額の2.5倍にあたる2兆円を上回ると予想した。
2020年東京オリンピック・パラリンピック大会の開催には、結局いくら必要なのだろう?日本のメディアは22日、東京五輪組織委員会の資料を引用した上で、実際の総費用は、五輪招致の際に発表した見積額の2.5倍にあたる2兆円を上回ると予想した。一部からは、「これは当初の見積もりとあまりにもかけ離れている!」と驚きの声が上がっている。新華社が伝えた。

東京五輪組織委員会は2013年の五輪招致の際に、開催総費用を7340億円と見積り、原材料価格が上昇する可能性を考慮しても、8300億円以内に抑えられるとした。だが、同組織委員会の最新資料によると、費用はなんと2.5倍増の2兆円に達する見込みという。さらに、東京都五輪調査チームによる見積もりでは、開催経費は総額3兆円を上回るということだ。

同組織委員会は、総費用の見積もりを大幅に引き上げたことについて、「大会招致の時点では、開催都市と国家が負担するセキュリティ・輸送・技術関連費が見積もりに盛り込まれておらず、当時の見積もりと運営経費総額を比較することは妥当ではない」と釈明している。

予算が膨れあがったことについて、日本の国民は口々に不満をあらわにしている。作家の本間龍氏は、ツイッターで、「(五輪から)早々に撤退し、後世に『正しい判断』をしたという『レガシー』を残すべきだ」と発言した。また、片山大介・参議院議員も、「2兆円で本当に収まるのかどうかも、あやしい気もします。都の都政改革本部の調査チームが述べた『3兆円超』のほうが信ぴょう性がある気もします」と投稿した。(提供/人民網日本語版・編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
中国の本ならレコチャのオンラインショップへ
中国・韓国関連の本の販売依頼も受付中

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 絶対平***** | (2016/11/24 23:19)

    スポーツは参加することに意義がある。五輪は開催することに意義がある。 目先の経費や収益などに囚われ、開催の是非を問うものではない。 五輪を通して現代の世界各国に東京という都市と日本という国を知ってもらう良い機会であり、純粋に競技を行う選手や、観戦する人達が一同に会し交流を深める場所なのである。 世界に認知されてこそ後々の貿易や観光等の収益も高まっていくのは言うまでもない。 他国が経費や運営の進捗に口を挟んでくるのはいらぬお節介で、介入するのはIOCに任せておけば良いのだ。 とにかく、50年振りのオリンピック。開催国も各国の選手達も各々のやるべきことをやり、来たる2020年夏に向け準備するのが一番大事である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 968***** | (2016/11/24 23:10)

    ここぞとばかり税金にたかる有象無象のおおいこと
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 迎恩門***** | (2016/11/24 21:25)

    心配ない、約5兆円との噂も、回収率120%らしい。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事