あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

国連の潘基文事務総長、裏金疑惑に続き親族の問題も再燃で大統領選に影響か=韓国ネット「傷のある人は選ばないに限る」「みんな金の奴隷」

配信日時:2016年12月26日(月) 20時10分
潘国連事務総長、裏金疑惑に続き親族の問題も再燃=韓国ネットは?
画像ID  534977
26日、韓国・文化日報によると、韓国の次期大統領選に事実上の出馬宣言をした潘基文国連事務総長をめぐり、多額の裏金を受け取っていたとの疑惑に続き、息子やおいなど親族に関する疑惑が浮上している。写真は国連事務総長の肖像画。
2016年12月26日、韓国・文化日報によると、韓国の次期大統領選に事実上の出馬宣言をした潘基文(パン・ギムン)国連事務総長をめぐり、多額の裏金を受け取っていたとの疑惑に続き、息子やおいなど親族に関する疑惑が浮上している。

韓国の週刊誌「時事ジャーナル」はこのほど、潘氏が韓国外交通商相だった05年と国連事務総長だった07年、合わせて23万ドル(約2700万円)の裏金を韓国の実業家から受け取っていたとの疑惑を報じた。潘氏はこの疑惑を全面否定したが、韓国の野党・民主党の議員は26日開かれた最高委員会議で「検察は即刻事実関係を調査すべき」とし、「国民が望んでいるのは国連事務総長の体面を考慮した国益ではなく、政経癒着のない国をつくることだ」と主張した。

また、民主党は今回の裏金疑惑の浮上を契機とし、次期大統領に意欲をみせる潘氏の「身体検査」を本格的に開始する構えだ。現在、SKテレコムの米ニューヨーク事務所に勤務する潘氏の息子をめぐっては、就職に際し不正な優遇を受けたのではないかとの疑惑が提起されたことがあり、潘氏のおいは国際詐欺事件に関与したとして米国で13件の訴訟を起こされている状態だ。

民主党の院内報道官はこの日の会見で、潘氏に向けて数々の疑惑について納得できる釈明を求めたほか、「歴代最悪の国連事務総長」「力なき傍観者」といった海外有力紙による潘氏の酷評について「明確な立場を明らかにすべきだ」と主張した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「この人がいったいなぜ大統領選候補として取りざたされるのか理解できない」
「またぶざまなことにならないためには、少しでも傷がある人は選ばないに限る」
「あれだけ醜聞のある朴槿恵(パク・クネ)も大統領になった国だ。何も期待できない」

「疑惑だらけの李明博(イ・ミョンバク前大統領)、朴槿恵を選んだら国がばらばらになってしまった。次こそ徹底的に検証しよう」
「国連事務総長だった10年間からして、資格がないよ。優柔不断だし、リーダーシップもない」
「潘さん、君も例外じゃないね」

「何か疑惑が持ち上がると、まずは否定するのがあなたたちの手法でしょ?」
「まったくクリーンでもパワフルでもない人のどこを見たら大統領候補になるんだ?」
「潘氏の家系よりうちの方がよっぽどましだな」
「この世の中、クリーンな人はいないんだね。みんな金の奴隷だ」(翻訳・編集/吉金)
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事