日本の被災地の食品よりも恐ろしいのは…―台湾メディア

配信日時:2016年11月10日(木) 8時10分
日本の被災地の食品よりも恐ろしいのは…―台湾メディア
画像ID  533080
8日、台湾・中国時報は、台湾の民進党政権が日本の被災地5県からの食品の輸入再開を進めていることについて、当局を批判する記事を掲載した。写真は台湾。
2016年11月8日、台湾・中国時報は、台湾の民進党政権が日本の被災地5県からの食品の輸入再開を進めていることについて、「被災地の食品よりも当局のあいまいな姿勢の方が恐ろしい」と批判する記事を掲載した。

台湾・衛生福利部は7日、これまで福島の原発事故を受けて輸入を全面的に禁止してきた被災地5県の食品について、福島県産以外は一部を除き輸入を再開する方案を立法院に提出した。ただ、民間団体からは具体的な情報の開示を求める声もあり、輸入解禁の進め方について閉鎖的だとの反発もある。

記事は、「食品安全の角度から管理やサンプル検査を強化し、まったく心配のない日本産食品を輸入することが、台湾政府の当然の責務である」とする一方、「被災地の食品の輸入が始まり、その数が増えていけばチェックも追いつかなくなる。たとえすべてにサンプル検査を実施したとしても、完全に問題がないことは誰も保証できない」とし、消費者保護を水際の検査に頼るよりも、産地の公開と食品表示の強化を求める方が良いとしている。具体的には、台湾当局は日本側と協力して、日本各地の農産品のリスク指数や、その農産品の販売地域などの情報を、定期的にウェブサイトで公開するなど、情報の透明性を確保すべきだとしている。

記事は、過去に遺伝子組換え食品が問題になったことで、現在では明確な食品表示規範が設けられ、消費者の不安も徐々に取り除かれたとし、「排斥は未知のものに対する恐怖から起きる。当局が引き続きあいまいな姿勢を続けるなら、消費者の懸念を増幅させるだけ。率直に情報を公開し、被災地食品にかかるベールを取り払えば、少しも怖くはない」と論じている。(翻訳・編集/北田
中国の本ならレコチャのオンラインショップへ
中国・韓国関連の本の販売依頼も受付中

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • YUU***** | (2017/02/25 17:09)

    「放射脳」と呼ばれる方は、放射線、放射能、放射性物質などの区別ができない人ですよ。 そんな人が一般人からも「放射脳」と呼ばれるわけです。 韓国では放射性廃棄物を道路のアスファルトに混ぜたり、古里原発から欧米基準の 3000万倍の放射性ヨウ素を漏らしています。 飛行機に乗るだけでも宇宙放射線を浴びるし、核実験の名残の放射性物質の方が遙かに 問題です。 自然界の物質は常に放射線を出してます。 特に、大理石は生成過程の影響で放射線を大量に放出します。だから、日本より石造りの 多いヨーロッパの方が放射線高いです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 芥川 ***** | (2016/11/16 12:35)

    福島県の原発事故によって「日本の農産物の全面禁輸」を行うなど、全く非科学的で理不尽な話です。 例えば、地理的な理由から福島の放射性物質が鹿児島へ流れて行く可能性はゼロです。この前も福島の放射性物質が中国へ流れて来ると言った中国人に、此の事を云いましたが、北半球の極東に住む人間として斯う言う事は学校で理科の授業で習う事です。 其れを何かと言って日本の農作物を禁輸するのは、謂われ無き反日か差別に他なりません。それを敢えて実施するのはその国の“政治が愚か”と言う証拠です。飽くまでもその国の自由裁量ですがね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2016/11/10 18:59)

    >>「被災地の食品の輸入が始まり、その数が増えていけばチェックも追いつかなくなる。たとえすべてにサンプル検査を実施したとしても、完全に問題がないことは誰も保証できない」 至極ごもっとも。日本国内でもまさに同じことが言える。 全数検査なんて出来ないし、サンプル検査からして、そもそも「全ての種類」の放射性物質や放射線を検査できている訳でもない。また、検査結果を捏造でもされようものなら、消費者にその事実を暴く術は無いに等しい。 だが、日本国内でこんな事を言うと、原発大好きな方々から、「放射脳」などという愉快なレッテルを貼られる事になる。 政府を信用したくても、「安全基準」を次々と「引き上げる」ような政府を信用できないし、引き上げる根拠にしているものすら曖昧だ。 危険だと思っているものが安全であれば困ることはないが、安全だと言われているものが危険だったら目も当てられない。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事