中国が万里の長城の真下に最深最大の高速鉄道駅を建設へ、米紙「古代中国と現代中国の工学技術の偉業が顔合わせ」

配信日時:2016年10月13日(木) 17時20分
中国が万里の長城の真下に鉄道駅建設、米紙「古今の偉業が顔合わせ」
画像ID  529898
12日、中国が万里の長城の真下に最深最大の高速鉄道地下駅を作る計画を発表したことについて、米紙ワシントン・ポストはこのほど、「古代中国と現代中国の工学技術の偉業同士が顔を合わせる」と伝えた。写真は八達嶺長城。
2016年10月12日、参考消息網によると、中国が万里の長城の真下に最深最大の高速鉄道地下駅を作る計画を発表したことについて、米紙ワシントン・ポストはこのほど、「古代中国と現代中国の工学技術の偉業同士が顔を合わせる」と伝えた。

2022年に冬季五輪が開かれる北京市と河北省張家口市を結ぶ「京張高速鉄道」は全長174キロ。両都市の所用時間を現在の3時間からわずか50分に短縮する。

万里の長城の中で最も有名な観光スポットの「八達嶺長城」の近くに建設される「八達嶺長城駅」は、最大深度102メートル、地下の建築面積3万6000平方メートルで、世界最大かつ最も深い高速鉄道地下駅となる。

この鉄道建設の関係者は、ユネスコの世界遺産に損傷を与えないよう細心の注意を払っていると語っている。(翻訳・編集/柳川)
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹楊***** | (2016/10/13 18:18)

    まぁ~それは良いとして、地下駅という事はトンネルを掘るんだろ! ご自慢の400km/h運転出来るトンネルが作れるのかね~。 あんたらが『世界最長』と吹聴するトンネルも高原での高速鉄道と勝手に分類を作っての話でしかも15kmと笑える程に短いのしか作れてないだろ。 まっ!トンネル崩壊で世界遺産が崩壊しないことを祈ってるよ 因みに本当の世界最長はスイスが今年6月に全長約57kmの陸上トンネルとして世界最長のゴッタルドベーストンネルを開業させたし、海底トンネルとして世界最長は四半世紀前に開業した約53kmの青函トンネル、しかも複線トンネルとしてはいまだに世界最長な上に、貨物列車も走るために140km/hの制約があるものの新幹線対応としてリニューアルしたしね!(一応260km/h運転の計画も在り) 最低でもこれくらいの物を作りなよ!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 小鳥小***** | (2016/10/13 17:39)

    そんなものいいから、 世界遺産、万狸の長城コンクリートで塗り固めるんじゃなく、ちゃんと正しく復元したらどうですか?
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事