あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

野犬肉の缶詰をアジアに輸出せよ!害獣駆除に豪研究者が驚きのアイデア―中国メディア

配信日時:2016年10月11日(火) 8時10分
野犬肉の缶詰をアジアに輸出せよ!害獣駆除に豪研究者が主張
画像ID  529561
9日、雨果網は記事「増えすぎたディンゴが害獣に、缶詰にしてアジアに輸出するべきと研究者」を掲載した。年1万頭以上を駆除しているが、死骸はそのまま捨て置かれているのが現状。ある研究者は「もったいない」と嘆いている。
2016年10月9日、雨果網は記事「増えすぎたディンゴが害獣に、缶詰にしてアジアに輸出するべきと研究者」を掲載した。

ディンゴはオーストラリアに生息する犬科の肉食獣で、いわゆる野犬の一種。きわめてどう猛で家畜を襲う事件が相次いでいる。また人間の子どもが襲われた事件もあった。オーストラリア政府は生息数をコントロールするため、懸賞金を出して年1万〜1万5000頭を駆除している。

「駆除したディンゴの肉を缶詰にしてアジアに輸出するべき」と大胆な提案をしているのがベンジャミン・アレン博士だ。アジア人ならば犬肉も食べるはずという発想のようだ。現在はディンゴの死骸は柵の上にかけたり、そのまま地面に放置されている。「缶詰は残酷と思われるかも知れないが、柵にかけられて腐っていくディンゴを見ると、あまりにもったいないと思う」とアレン博士は話している。(翻訳・編集/増田聡太郎)
在日中国人、在日韓国人の情報大募集!
あなたが知っている日本で奮闘中の中国人・韓国人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事