コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国南部で観測史上最大規模の地震、韓国専門家「東日本大震災の余震、大震災の前兆ではない」―中国メディア

配信日時:2016年9月13日(火) 20時10分
専門家「韓国南部地震は東日本大震災の余震、大震災の前兆ではない」
画像ID  526548
12日、韓国南東部の慶尚北道慶州市を震源とするマグニチュード(M)5.8の地震について、韓国の地震専門家は、5年前の東日本大震災の余震であり、大規模な地震につながる可能性はほぼないとの見方を示した。写真は朝鮮半島の地図。
2016年9月12日、韓国南東部の慶尚北道慶州市を震源とするマグニチュード(M)5.8の地震について、韓国の地震専門家は、5年前の東日本大震災の余震であり、大規模な地震につながる可能性はほぼないとの見方を示した。環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、韓国地質資源研究院の池憲哲(チ・ホンチョル)地震研究センター長は、今回の地震について「日本の大震災のストレスを解消する過程で余震が発生している。想定以上に地震が頻発していることには当惑している」とした上で、「前例がない地震ではなく、過去にも地震が発生した地域のため、特別な現象ではない。これからもM5.5以下の地震は起こる可能性はあるが、韓国は大規模な地震が起こりにくい地質構造だ」と説明した。

釜山大学地質環境科学部のソン・ムン教授も、同様の見方を示した上で、「1978年に地震の観測が始まって以来、釜山から浦項にわたる梁山断層で地震が発生したのは初めてだ。慶州には原子力発電所や核燃料処理施設もあるため、注意しなければならない」と懸念を示した。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 968***** | (2016/09/13 22:34)

    今回が最初と思う 最後では無かろう 地表は地球の薄い皮で常に流動している 地球温暖化で氷が解ければ海水が増える 極や高山の重量が海岸へ均等に広がる 地殻への影響は当然ある 今まで無かった地震は温暖化の進行で朝鮮半島に頻発するだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 魔理沙***** | (2016/09/13 20:45)

    明日の天気も当たらない南鮮に地震学者がいたのか。驚いたが、どうやらテキトーなことを言って食って行ける商売のようだ。ユーラシアプレートに乗っかているので安心しているようだが、地震のメカニズムはプレートテクトニクスだけではないのだ。おまエラのいる無様な出っ張りである朝鮮半島には、チュガリョン地溝帯というのがあってだ、それで半島は真っ二つになるのだ....
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 名無し***** | (2016/09/13 20:43)

    大した揺れでも無いのに騒ぎすぎ。 日本人なら「揺れたね~」程度で終わり。こんな記事にもならない。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>