コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<ボイス>THAADにより日本と韓国が結束したことで、中国はあることに気が付いた―日本華字紙編集長

配信日時:2016年9月17日(土) 19時30分
<ボイス>日本と韓国が結束したことで、中国はあることに気が付いた
画像ID  524350
30日、韓国は朝鮮半島の有事に備え、THAADの配備を進めている。一方で、中国の反対を押し切り韓国が配備を決定したことで、近年良好だった中韓関係に悪影響が見られている。写真は九・一八歴史博物館。
2016年8月30日、韓国は朝鮮半島の有事に備え、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を進めている。一方で、中国の反対を押し切り韓国が配備を決定したことで、近年良好だった中韓関係に悪影響が見られている。こうした現状に華字紙・日本新華僑報の編集長を務める蒋豊(ジアン・フォン)氏は、「中国は対韓政策を見直すべき」と指摘する。

蒋氏は自身のミニブログで、「友情は壊れやすい。そして、中国は対韓政策を反省し真剣に検討すべきだろう。29日、遼寧省瀋陽市の『九・一八歴史博物館』に足を運んだ。館内では韓国専用ブースの設置が進められており、ブースの設置により当時中国と韓国が力を合わせ日本の侵略に立ち向かったことをアピールしている」と紹介した。

さらに、「ブースの設置は2016年の中韓文化交流の一環であると聞くが、設置が完了していない状態で“朴姉さん(朴槿惠大統領)”は手のひらを返しTHAADの配備を決定した。この時になってやっと、中国は『隣国に安全を保障できなければ、いくらお金をつぎ込んでも意味はない』ということに気が付いた。韓国のTHAADは北朝鮮の核よりも危害が大きい。中国は日米韓と協力し北朝鮮に対抗する考えだったが、日米韓はTHAADで結束を固めた。この外交の難局を解くには知恵を絞ることが必要で、それにはより明確な地域の安全を担う心構えが必要だ」と述べた。(翻訳・編集/内山)
レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2016/09/18 09:38)

    >日米韓はTHAADで結束を固めた 日米韓の三角関係は「3本の矢」より蛇・蛙・蛞蝓(なめくじ)の「三すくみ」の方が合っている。互いに牽制しあって身動きがとれない状態だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2016/09/18 07:04)

    在日中国人?編集長さん。 北朝鮮の石油、食料などを支えているのは中国。援助やめればすぐに崩壊して車も飛行機も動かなくなる。 ミサイルも中国製?と言われるし、核実験も裏で支援している可能性が高い。 ミサイルと核兵器開発で、在韓米軍がて自費で防衛システムを設置することに何の問題があるのですか? 中国と北朝鮮は、国連軍と韓国との間で戦争中ですよ。休戦しているだけで終わっていない。半島非核化で合意し、米軍は戦術核撤去したんだから、敵国が半島を核化したら、米軍が核兵器を配備するか、韓国の核保有してイーブンなんだが、、、
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2016/09/18 02:27)

    周囲への影響を省みず、自国の繁栄しか考えてなかったらそういう論調になるよな。 大国を謳うにはあまりにセコい。言葉にする度に虚しさと辺りの空気を微妙なものにしかできない現実。 大国になるには何が必要か、もう一度ゼロから考え直さないと永遠に呼ばれる日は来ないな。 まずは説得力のない発言から改めないとな。有言不実行はもう聞き飽きた。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事