衝撃!なんでこんなところに?顔の中でさまよう歯が目を圧迫、手術で取り除く―中国

配信日時:2016年7月16日(土) 14時20分
顔の中でさまよう歯が目を圧迫、手術で取り除く―中国
画像ID  518155
7月12日、騰訊網によると、四川省広安市出身の女性がこのほど顎に力が入らなくなり病院で検査を受けたところ、顔の中に埋まっていた歯が眼部周辺を圧迫していることが発覚、除去手術を受けた。
7月12日、騰訊網によると、四川省広安市出身の女性がこのほど顎に力が入らなくなり病院で検査を受けたところ、顔の中に埋まっていた歯が眼部周辺を圧迫していることが発覚、除去手術を受けた。

埋もれていた歯が眼部を圧迫していたのは、広東省広州市で働く28歳の女性。1カ月ほど前、硬い物を食べていたところ口に力が入らなくなり、以後柔らかいものしか食べることができなくなった。7月2日に現地の病院でCTを撮影したところ、衝撃の事実が発覚した。右の眼窩のすぐ下に楔形の歯があり、今にも眼部に飛び出してきそうな状況だったのだ。

「これ以上放っておくと危険」と医師に言われた女性は同8日、重慶市の大きな病院を訪れた。検査により、乳歯が抜けるのが遅かったために生える場所がなかった永久歯が顎の骨の間を移動して眼窩の下部に到達。これより上に移動すれば眼部が腫れあがり、眼球が破裂する可能性があると診断された。すぐに除去手術のプランが立てられ、若い女性であることから顔面にメスを入れずに上あごの歯茎を切開して問題の歯を抜きとることに決定。同11日に手術が行われ、長さ約3センチの歯が無事摘出された。

知らぬ間に自分の歯が目を圧迫していたとはなんとも恐ろしい。専門家は「乳歯が思春期になっても抜けないで残っていた場合は、病院に行って歯胚が埋もれていないかを検査して」と呼びかけている。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。 本日御紹介した「顔をさまよう歯」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

TEL:03-5537-7281

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事