コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国には7000年もの稲作の歴史があるのに、なぜ日本米を求める?―中国コラム

配信日時:2016年7月10日(日) 4時50分
中国は7000年にわたる稲作の歴史があるのに、なぜ日本米を求める?
画像ID  517346
8日、近年中国に輸出される日本米が増加傾向にある。国産の何倍も値が張る日本米だが、中国で人気となっている。中国ポータルサイト・捜狐はこれに関連したコラムを掲載し、「中国には7000年に渡る稲作の歴史があるのに、なぜ日本米を求める?」と伝えた。資料写真。
2016年7月8日、近年中国に輸出される日本米が増加傾向にある。国産の何倍も値が張る日本米だが、中国で人気となっている。中国ポータルサイト・捜狐はこれに関連したコラムを掲載し、「中国には7000年もの稲作の歴史があるのに、なぜ日本米を求める?」と伝えた。

中国人観光客にとって日本旅行はとても疲れるはずだ。なぜなら、炊飯器や温水洗浄便座だけでなく、中には日本の米をお土産に買う人もいるからだ。日本米は高くても売れるのだ。最近では代理購入を利用し日本米を手に入れる人も増え始めている。中には日本米を「中国の最新のぜいたく品」と呼ぶ動きもあるほどだ。

では、なぜ多くの中国人が日本米を求めるのか、それは米に対する日中の姿勢の違いが関係している。日本人は米の供給が安定した40年ほど前から米の品質にこだわり始め、各地の環境に合わせたさまざまなブランド米を生み出した。有機栽培や無農薬などこだわりが随所にあり、栽培から管理、加工に至るまで手を抜くことはない。

さらに、日本米は安全であるだけでなく、日本には各地で生産された米のランク付けを行う機関が存在する。同機関が試食して評価したランクは大きな影響力を持つ。評価が良ければ問題ないが、評価が低いと消費者からは敬遠され市場で地位を獲得することはできない。そのため、日本の米農家は品質を高めるために努力し続け、食べた人は一様に「おいしい」と評価するのだ。

一方中国は7000年という稲作の歴史を持ちながら、13億人という需要を満たすために質よりも量を重視せざるを得ないのが現状だ。中国人が日本米を買う理由は、味が良いという点と、中国の事情を憂慮した消費者心理が反映されている。中国では土壌汚染が深刻で、多くの人が国産米の安全性を懸念している。国民に安心感を与えることこそ幸福度を上昇させる重要な要素で、海外のものをボイコットしたり、国産を必要以上の保護することは得策ではない。環境を改善し、消費者の信頼を取り戻してこそ現状を打破できるのだ。(翻訳・編集/内山
【アンケート実施中!】投票はコチラ↓

・中国人観光客を誘致した方がいいと思いますか?
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 9

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 色は匂***** | (2016/07/10 14:39)

    稲作は歴史の流れとともに発展しています。 中国は今その流れに乗れていないということですね。 トップダウンでは乗れない流れでしょうね。 耕作者一人一人の力が大きい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2016/07/10 13:25)

    >13億人という需要を満たすために質よりも量 はい、ダウト 中国農民は国の人口なんて気にもしていない 農民にまともな教育を行っていないので、 美味しい作物の作り方を考えようともせず、 親から教わった作り方で黙々と(徐々にてを抜きつつ)作ってるから進歩が無いのでしょう 同じく、教養が無いので押し付けられた化学肥料や膨張剤の良し悪しの判断もつかず、 目先の利益のみを求める為、結局土地が痩せてじり貧になってしまっている 実際、中国では面積当たりの収穫量でも日本より少ない田畑は多い(もちろん品質は言うに及ばず)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • RRS***** | (2016/07/10 11:51)

    なぜって? 簡単な話で 中国には何千年の歴史があったけれど、君たち小中華には一瞬のまばたきしか歴史がないからだよ。 親が偉大であったからと言って、子供が偉いとは言えないのだよ!!!
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>