コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

カメラは見た!公判中、携帯電話に出る裁判長、たばこを吸う書記官…とんだ裁判―四川省

配信日時:2008年1月7日(月) 11時8分
カメラは見た!公判中、携帯電話に出る裁判長、たばこを吸う書記官…とんだ裁判―四川省
画像ID  99106
裁判は厳粛なもの…そう考える人がほとんどだろう。しかし、2008年1月3日、四川省南充市西充県の人民法院(裁判所)には、そんなイメージを覆す衝撃の光景があった。
裁判は厳粛なもの…そう考える人がほとんどだろう。しかし、2008年1月3日、四川省南充市西充県の人民法院(裁判所)には、そんなイメージを覆す光景があった。

人民図片網の記者はこの日、法廷でいくつもの“不思議な光景”を目の当たりにした。まず、法服を着ているべきはずの女性裁判官が、ファー付きの真っ赤な羽毛ダウンを着ている。そして裁判中、おもむろに携帯電話を取り出し、電話を掛け始めた。通話は2分近くも続いた。書記官は普段着を着ており、たばこまで吸っている。

さらに驚くことには、原告の口頭陳述中、どこかで携帯電話が鳴り出し、軽快な着メロが法廷中に響き渡った。音の鳴る方に目をやると、なんと裁判長が携帯電話を取り出し、話し始めるではないか!通話は1分間にも及んだ。被告の陳述中には、裁判長が自分の話を聞いていないことに気づいた被告が、何度も確かめるように顔を上げ、“気を利かせて”陳述を一時中断していた。

そんなこんなで裁判には何度も短い中断が入った。情報によると、現地の県(通常「省」の下、地級行政区に属する)レベルの裁判所では、このような光景は決して珍しくはないという。(翻訳・編集/藤野)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>