コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

「四角スイカ」がスーパーに登場、物珍しさに注目集まるも誰も買わず―中国

配信日時:2016年6月29日(水) 14時0分
「四角スイカ」がスーパーに、珍しさに注目集まるも誰も買わず―中国
画像ID  515597
スイカはどんな形かと聞くと丸いか楕円形との答えが返ってくるのが普通だろう。先日、重慶市の大坪にあるスーパーで四角いスイカを発見した。
スイカはどんな形かと聞くと丸いか楕円形との答えが返ってくるのが普通だろう。先日、重慶市の大坪にあるスーパーで四角いスイカを発見した。このスイカの皮の色は一般的なスイカと同じだが、正方形の形はまるで大きなサイコロのようだ。四角スイカの登場はスーパーを回っている大勢の人々の関心をさらった。華竜網が伝えた。

スーパーの果物売り場のスタッフ郭さんは、「変わった形をしたこのスイカは海南省のものだ。これはサンプル品で展示用に使っている。もし購入するなら、価格は398元(約5900円)。ここ数日、珍しがって見物する人々が多いが、購入希望者はいない。このスイカを栽培するのは非常に難しく、栽培コストは一般のスイカより何倍も高価なうえ、海南省から飛行機で直送されるため、現在全スーパーでこれ1個だけしかない。だから、価格もこんなに高くなる」と話す。

四角スイカの卸売業者「四紀果園」の胡さんは、「このような形のスイカは完熟する前の段階で四角い容器に入れることで、容器の形通りに成長する。四角スイカの形は重ねたり、輸送するのに便利だ。口当たりは完熟した四角スイカと一般的なスイカの甘さとほぼ同じで、ただ形が異なるだけだ」と話す。西南大学園芸園林学院果樹学重点実験室の郭教授は、「四角スイカの栄養価値と一般的なスイカは大差はない」と話す。(提供/人民網日本語版・編集JK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • szy***** | (2016/06/29 22:39)

    日本で30年も前から販売されている物との違いは??
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2016/06/29 21:03)

    只食用としてパクったのか・・・。せめて寿を現すとかしろよ^^来年もやるなら^^
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 魔理沙***** | (2016/06/29 15:32)

    当然ながらパクリのパの字もないが、これは香川県善通寺市の特産品。善通寺市では、食べて美味しいものではなく観賞用とハッキリ断って出荷しているのだが.... 【香川県善通寺市 ホームページ】 四角スイカは、市内の筆岡地区を中心に栽培されている一辺が約19cmの立方体のスイカで、本市だけの特産品です。その特異な形状により、百貨店や大手青果店から装飾品・ディスプレイ用(食用ではありません。)として多くの需要があります。このスイカは、約30年前にJA香川県善通寺西瓜部会を中心に研究開発されました。栽培管理が難しく、出荷できるのは約6~7割程度です。毎年売れ行きが好調で今では本市の貴重な特産品となっています。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する