コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

日本よりもはるかに高い中国の労働コスト、生産性向上を上回る給与上昇が問題に―中国紙

配信日時:2016年3月23日(水) 16時30分
日本よりもはるかに高い中国の労働コスト、生産性向上を上回る給与上昇が問題に―中国紙
画像ID  502562
22日、英リサーチ企業オックスフォード・エコノミクス社はこのほど、驚くべきリポートを発表した。2016年時点で米中の労働コストにはわずか4%しか差がないという。
2016年3月22日、北京青年報はこのほど、「中国の労働コストは日米を超えたか?」と題した記事を掲載した。

英リサーチ企業オックスフォード・エコノミクス社は驚くべきリポートを発表した。2003年、2012年、2016年と3つの時期において米国と中国の労働コストを比較したものだ。2003年時点では中国の労働コストは米国の4割前後。2012年では中国は米国にかなり接近し、2016年にはわずか4%しか差がないことが判明した。さらに日本の労働コストは2016年段階で中国のわずか70%しかないという。

なぜこのような状況に陥ったのか。労働コストとは単なる給料の多寡ではなく、一定の付加価値を生み出すために必要となる労働者のコストを意味する。つまり、たとえ給与が高くともそれ以上の付加価値を生み出せれば労働コストは低くなるわけだ。

中国では生産性向上よりも早いペースで給与が上昇したことが労働コストが上昇した原因となった。2003年から2016年にかけて中国製造業の賃金は倍増したが、生産性はこの伸び率に追いついていない。(翻訳・編集/増田聡太郎)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 名無し***** | (2016/03/24 03:26)

    労働コストが高い事にやっと気づいたのか。人海戦術での生産は人件費が安いから出来ること。日本では設備投資して少ない人手で大量生産する。日本人の人件費が高くても少人数だから中国で生産するよりコストが合わなくなった。それに中国はリスクが多すぎからな。だから世界の工場はもう終わりだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • RRS***** | (2016/03/23 16:48)

    問題視なんてしてはいけません、貴国のトップ集団は近未来の発展を見越して先行投資をして国民のやる気と、能力の向上を図っているのです。みなさんはお国の政策に疑問を持つことなく生産性の向上につとめなくてはなりません、そうする事が子孫に後悔をさせる第一歩です ガンバッテ励んでください応援しています。 鬼子より
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事