なぜ中国は海外サイトを閲覧させないのか?=「真相を知られるのが恐ろしいから」「規制を取ったらどうやって洗脳するのだ?」―中国ネット

配信日時:2016年2月27日(土) 19時20分
なぜ中国は海外サイトを閲覧させないのか?=「真相を知られるのが恐ろしいから」「規制を取ったらどうやって洗脳するのだ?」―中国ネット
画像ID  500958
24日、中国の掲示板サイトに、「中国はなぜ中国人が海外サイトを見ることを禁止するか」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2016年2月24日、中国の掲示板サイトに、「中国はなぜ中国人が海外サイトを見ることを禁止するか」と題するスレッドが立った。

中国では、金盾(グレートファイアウォールとも呼ばれる)というインターネット検閲システムがあり、政府が有害とみなすサイトへのアクセスが制限されている。規制の対象は、Twitter やFacebook、google、YouTubeなど海外のサイトが多い。スレ主は、「外国のスターが好きで、関係資料を集めたいだけなのに、非常に面倒くさくなっている」と嘆いている。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「汚れのない精神を保つためなんだよ」
「真相を知られるのが恐ろしいからだな」
「規制を取ってしまったら、どうやって洗脳するというのだ?」

「外国のサイトは共産党を悪く言うから規制されるんだよ」
「これはすべて邪悪で無能な独裁主義がもたらした結果」
「君の力が外国勢力に立ち向かえるほど強くなったら、壁は自然となくなるだろう」

「海外のネット民を保護するためだよ」
「中国のネット企業を保護するためさ」
「一部のサイトが見られないだけだし」

「毎日どれだけの人が壁越えをして海外サイトを閲覧していることか」
「ウィキペディアすら見られないからなあ」
「VPNを使えばいいだろ」

「国を出て外国籍をとればいい」
「それは米国の陰謀だ」
「壁の外は毒だらけ」(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ken***** | (2016/04/04 08:33)

    中国人もバカでは無い。中国国内でネット規制しても中国人の海外旅行で、他国での中国政府のおかしな所よく判るはず
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 山中 ***** | (2016/03/07 14:54)

    中国・共産主義国家はいびつな国家。本来であれば国民はすべてが平等のはずが一部の共産党幹部だけが金持ちとなっている。これは国民の監視の目が届かないようにしているからである。NETが閲覧されるようになると困るでしょうね。国民も「井の中のカワズ」である。海外に出られる一部の人だけが世界情勢・常識を持っているだけ。自国・世界情勢を知らないのはある意味で幸せなのかもしれません。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2016/02/28 05:03)

    共産主義という思想そのものは別に悪いものでもないんだが、とかく独裁者を生み出す土壌になりやすい。 だが、誤解されやすいのは、本来共産主義とはあくまで経済の一形態を示すものであって、資本主義の対極にあるような思想だ。 一方で、政治的な思想として、民主主義に対するものとしての独裁がある。 民主主義政治の流れの中で共産経済が行われれば、共産主義というもののイメージも良くなるのかもしれないが、どうにもそういった国は例がない。 それでもキューバあたりは、うまく国家運営している方だと思うが。 そして現在の中国。これはエセ共産主義国家だ。「自由経済」を導入しながら「共産主義国家」というのがそもそもあり得ず、そうなれば、政権を担っている「共産党」という看板もおかしい。 ともかくも中国は矛盾に満ちていて、それは下手に国民に知られると、共産党という存在そのものが否定されるレベルのものという事だ。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事