「日本のこれらのもの、実は中国起源だった!」の記事に中国ネット憤慨=「だからどうした?」「日本に拾ってもらえなければ何も残っていない」

配信日時:2016年1月31日(日) 11時40分
「日本のこれらのもの、実は中国起源だった!」の記事に中国ネット憤慨=「だからどうした?」「日本に拾ってもらえなければ何も残っていない」
画像ID  498653
29日、中国のポータルサイト・網易に「日本のこれらのものは実は中国が起源だった」と題する記事が掲載された。資料写真。
2016年1月29日、中国のポータルサイト・網易に「日本のこれらのものは実は中国が起源だった」と題する記事が掲載された。

記事は、茶道、草履、相撲、和服、桜、刺し身、華道、畳は実は中国が起源だと紹介。茶道については、「唐代に中国のお茶の習慣が日本に伝わり、明代に日本独特の茶道が形成された」としている。相撲については、唐代に伝わったという見方があることを紹介しつつ、「明確な記載があるわけではない」と記している。刺し身は、「中国最古の伝統的な食べ物の一つで、紀元前823年までさかのぼる。その後、朝鮮半島や日本に伝わった」などとしている。畳についても、「起源は漢代で、唐の時代に日韓に伝わった」と説明している。

これについて、中国のネットユーザーからは、「だからどうした?」「自爆じゃないのか?」といった声が多数聞かれる。「自爆」と表現しているのは、「幸いこれらは日本に拾ってもらえた。でなければ何も残っていない」というコメントが表す通り、中国国内では文化や伝統の保護がなされてこなかったということを指している。つまり、「起源は中国でも、そうした伝統が根付いていないのは恥ずかしいことだ」と言いたいのだ。

このほか、「漢代や唐代が今の中国と同じだと?」といったコメントや、「日本のすべてが中国起源だとしても、それがどうしたというんだ。中国の正統性でも主張したいのか?どうすれば一つのものを極致へと高められるかを日本から学ばず、起源という地位にあぐらをかいて過去の栄光にすがる。恥をかくのはご先祖様だ」といった厳しい意見ばかりが寄せられている。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Dat***** | (2016/01/31 20:00)

    日本文化は少なくとも縄文時代まで遡る必要があります。個人的には石器時代まで遡る必要があるかと。日本は世界史的に見ても特殊なのです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 華川戸***** | (2016/01/31 17:31)

    やはり中国は中国、韓国の一人よがりと違う コメントに有るように遣唐使を菅原道真は唐の腐敗をみて廃止を進言した その後1200年独自の文化を花開かせた、起源など歴史であるが自慢してもバカにされるだけだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ish***** | (2016/01/31 13:56)

    「中国がもたらした文化の極み」とは 筆と漢字を発明した中国。日本に伝来した応神天皇の時代に百済から王仁が論語十巻・千字文巻(漢字)を携えて来朝した。日本書紀、古事記も筆、漢字の発明がなければ存在しなかっただろう。鎌倉時代に禅と共に茶文化が伝わり茶道へと発展した。中国を起源とする文化は「箸」をはじめ大切に伝承されてされている。多くの文化は中国の影響を受けていることを日本は認めている。そして守り、継承している。中国が忘れた「禅の心」が道を究めている。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事