日本の市民団体「安倍首相は慰安婦に直接謝罪せよ」=韓国ネット「日本の良心は死んでいない」「自国民の良心の声に耳を傾けよ」

配信日時:2016年1月2日(土) 19時0分
日本の市民団体「安倍首相は慰安婦に直接謝罪せよ」=韓国ネット「日本の良心は死んでいない」「自国民の良心の声に耳を傾けよ」
画像ID  496599
1日、韓国・ソウル新聞によると、日本の市民団体は、安倍晋三首相に対し、従軍慰安婦被害者に直接謝罪し反省するよう促した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。
2016年1月1日、韓国・ソウル新聞によると、日本の市民団体は、安倍晋三首相に対し、従軍慰安婦被害者に直接謝罪し反省するよう促した。

日本メディアによると、元慰安婦を支援する日本国内の団体でつくる「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」は声明を出し、「被害者が謝罪を受け入れることができるかたちで、改めて首相自身が正式に(謝罪を)表明する」よう求めた。声明では、日韓政府の合意がその過程で元慰安婦との協議がなかったことを「被害者不在の妥結は解決ではない」と指摘した。また、韓国政府が日本大使館前の少女像移転問題解決のために努力するという内容が両国間の合意に含まれていることについて「勝手な合意は被害者を再び冒涜(ぼうとく)する」と批判した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「こんな日本人がいるのか。日本は健在だ」
「嫌韓団体もあるが、それ以上に良識的な市民団体があるようだ」
「日本にこのような良心ある市民団体があるという事実が分かっただけでもよかった」
「日本の良心は死んでいなかった」

「当然の行動だ」

「日本の市民団体の方が韓国政府よりも優れている」
「韓国政府の次官が被害者のところに出向いて、なんだかんだ言っているが、日本の市民団体の方が正しい指摘をしている」

「日本の市民団体に感謝する。このような良心が生きていれば、いつかはドイツのような素晴らしい国になるだろう」

「安倍よ、自国民の良心の声に耳を傾けよ。それが真に強い国になる唯一の道だ。あなたが歩んでいる道は滅びへの道だ。自国民の良心の声に早く気付くことを望む」

「日本の市民団体も気付いているようだ。従軍慰安婦問題は人権問題であり、両国の歴史的悲劇から始まった。被害者への真の反省と謝罪が両国の真の和解を導く」(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • わじん***** | (2016/01/03 11:34)

    老兵 朴槿恵が以前、日本の告げ口外交を世界中にして回ったことを、そのままにしておいてはならない。安倍首相の強硬姿勢により、ようやく彼らも日本の怒りを感じるようになってきた。 彼らに、自分達の発言には常に責任が伴う、ということを教え込まねば、朝日新聞や、民主党や社民党の従軍慰安婦などの捏造情報を、調べもしないで、無関係の第三国に触れて回る、無責任にして安易な行動をこれからも繰り返すであろう。 以前、国内メディアが「韓国の人たちはプライドが高いから、日本はその点を考慮して応対してあげなければならない」などと言っていた。 日本人はもっとプライドが高い。でも、相手の気持ちを考えて、自分のプライドを押し付けることはしないのだ。 槿恵は以前、「従軍慰安婦の証拠は山ほどある。」と言っていたが、どうなっているのであろうか? 朴槿恵にまず、謝罪させるべきだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2016/01/03 10:32)

    >日本の良心は死んでいなかった・・・・・・ こんなもの良心とは関係なく、首相へのネガティブキャンペーンに過ぎない。支持率を引き下げたいの望む野党の差し金だろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 名無し***** | (2016/01/03 00:38)

    本当にしつこいですね! 今年の3月がポイントです。韓国が合意するか破棄するか…。在韓米軍の撤収完了と重なるし、更なるアメリカ利上の可能性もあります。破棄したら完全にアメリカは手を引くでしょうね。日本も破棄されたら、韓国に何があっても絶対に助ける事は無いでしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事