韓国を訪れる日本人が減少の一途、李明博前大統領の竹島上陸で状況一変=韓国ネット「嫌韓が高まっているから」「韓国は表向きは反日だけど結局親日」

配信日時:2015年12月31日(木) 12時20分
韓国を訪れる日本人が減少の一途、李明博前大統領の竹島上陸で状況一変=韓国ネット「嫌韓が高まっているから」「韓国は表向きは反日だけど結局親日」
画像ID  495878
29日、韓国を訪問する日本人が減少し続けている。写真は昌徳宮。
2015年12月29日、韓国・ニューシスによると、韓国を訪問する日本人が減少し続けている。

日本メディアによると、日韓友好の雰囲気が2002年のサッカー日韓ワールドカップをきっかけに広まり、その翌年の2003年、俳優ペ・ヨンジュンが出演したドラマ「冬のソナタ」が日本で放送されヒットすると、韓国を訪問する日本人が増加し始めた。そして、11年に韓国の女性グループ「KARA」や「少女時代」などの韓流ブームが起き、訪韓観光客の増加が加速した。

しかし、12年8月に李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が竹島に上陸してからは急変し、韓国を訪れる日本人は減少に転じた。訪韓する日本人の数は11年の352万人をピークに、13年には275万人、14年には228万人に減少し、15年は200万人以下になると予想されている。

一方、日本を訪問した韓国人は、円安などを背景に4年連続で増加しており、今年は11月時点で359万人となり、昨年の日本訪問の数をすでに大幅に超えている。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「日本は観光地がたくさんあるし、食べ物も安い。行きたくなるのは仕方ない」
「そりゃあ、日本の方が観光地としては優れている」

「韓国の人口は5000万人、日本の人口は1億2000万人。韓国の人口が1億だったら700万人日本に行ったことになる。表向きは反日だけど、結局親日なんだ」
「日本の悪口を言いながらも、円安だからといって日本に旅行する韓国人って何?」
「お金がないと言いながら、日本への旅行は増え続けているのか」

「隣国に中国と日本という文化大国があるから、外国人は韓国になんか来ない」
「日本では嫌韓が広まり、韓国への旅行者も減り続けているのに、韓国では日本への旅行者が増え続けている。親日が増えているからか?」(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • kee***** | (2016/01/17 06:00)

    自分は関係なく今年も行きます。 なぜなら、親が生まれ、家族が生きた場所だから。在日韓国人ではありません。この意味がわかりますでしょうか。 ソウル・明洞は母が生まれた地(日本統治時代の、京城・明治町)で、あのミョンドンは元日本人街なんです。曽祖父が日本から半島へ移り住んで、京城、平壌などで商売を終戦までしていました。ですから、家族にとっては大切な場所なんです。それを聞いて育ったので、私もちょくちょく行くようになりました。 嫌韓とか色々ありますが、母のように、故郷だという日本人もいるというのを、ぜひ知ってほしいと思います。戦中まで日本でしたので…。 「ソウルなんてよく行くね」と言われますが、「母の故郷、祖父と祖母が結婚した場所なんですよ」と言うと、みんなたいていは勘違いします(笑)。 故郷がソウルの日本人もいるというのを、ぜひ知ってほしいですね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大人***** | (2016/01/02 22:38)

    過去に何度か韓国に行ったこともあるが、今は韓国人が嫌いで行きたくない
    このコメントは非表示に設定されています。
  • J.O***** | (2015/12/31 20:30)

    親日反日の前に真の愛国心や自尊心を抱く韓国人ならば今はお国のために海外旅行なんかすること勿れ。アウトバウンド旅行の経済的本質は貴重な外貨の外への流出だぞ!
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<