コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

「中国が日本を侵略したことを知っていますか?」=日本人の先生に聞かれてびっくりした―中国人学生

配信日時:2015年10月3日(土) 8時44分
「中国が日本を侵略したことを知っていますか?」=日本人の先生に聞かれてびっくりした―中国人学生
画像ID  487820
日本と中国は切っても切れない関係を持ちつつ、いまだに互いをよく理解していない面があることも確かだ。ハルビン理工大学の徐一竹さんは、ある「不愉快な経験」から、誤解を解くことの重要性を感じたという。写真は北京のタクシー。
日本と中国は切っても切れない関係を持ちつつ、いまだに互いをよく理解していない面があることも確かだ。ハルビン理工大学の徐一竹さんは、ある「不愉快な経験」から、誤解を解くことの重要性を感じたという。

「元朝の頃、中国は日本を侵略したことがあるのを知っていますか?」。日本人の先生に聞かれた時、私はびっくりした。そんなことは一度も聞いたことがなかった。いや、想像だけでもできないことだ。「それはモンゴル人で、今の中国人ではありません。それにその時の中国人、すなわち漢族の人は奴隷として扱われたのです」と私は一生懸命先生に言いわけをした。「でもね、日本人から見ると、みんな中国人ですよ」。先生の話を聞くと、私は話に詰まって、茫然とした。

このことを友達や親戚たちに言い出すと、みんな信じられない顔をして、「絶対嘘だ」とか、「そんなことあり得ない」と言った。本当に情けないことだ。情けないのはその歴史自体ではなく、みんなの態度だ。侵略なんて、私がやったことではないから、別に謝る気はない。でも、真実か嘘か、みんなが自分で調べもしないで、「絶対ない」と断言するやり方は本当に醜いと思う。

こういう不愉快な経験がある。北京でタクシーに乗った時、ドライバーは私が東北人だと知ると、「あなたの故郷では殺人事件がごく普通でしょう。口げんかだけで相手を殺すなんて本当ですか?」と私に聞いてきた。私はびっくりした。「なんでそう思うんですか?」「だって、新聞によると東北の辺りは犯罪率が高いし、ここ数年北京での殺人事件は東北の人が犯すことがずいぶん多いし。そういうところで暮らすなんて想像できないなあ。いつか殺されるかもしれませんから」。

その一瞬、恥ずかしさと怒りが私の全身を襲った。恥ずかしいのは彼が言った事件が確かなことで、怒りは北京の人の心にこんなに深い誤解があることだ。犯罪をするのはごくわずかな人で、多くの東北の人は親切だ。他人を助けることが大好きで、初めて会う人にも自分のできる限りで助けてあげる。性格はちょっと激しいけれど、正義感が強く、みんな正直で素朴な人だ。私は自分が東北人ということに誇りを感じる。でも、わずかな人のせいで、こんなに深く誤解されるのは本当に悲しいことだ。でも、東北の人がみんな乱暴だと思われるのに対して、私たちが北京の人がみんなケチだと思うのも誤解ではないか。同じ国土でもこんなに深い誤解があるのに、まして外国の日本に対しての誤解はどんなに深いだろうか。

民族の壁を打ち破って、日中相互理解を深めるために、まずいろいろな誤解を氷解しなければならない。本やメディアから相手を理解するのが一番だが、今の中国では日本の本はまだ少ない。だから、私は立派な翻訳者になりたい。本当の日本人はどんな人か、本当の日本文化はどういう文化かみんなに教えたい。もし、みんなの心に誤解がなくなったら、本当の日中友好になると思う。(編集/北田)

※本文は、第三回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「国という枠を越えて」(段躍中編、日本僑報社、2007年)より、徐一竹さん(ハルビン理工大学)の作品「氷解」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2017/03/15 01:44)

    一人の人間に過ぎない私達は 家族/家庭~友達/仲間~村落・部落・部族から 更に 部族結合(テリトリーの拡大)~民族(住み分け)~国/国家(地上の所有/既得権主張/分割・分断・分裂思考/拡大志向/独り善がり/自己矛盾/一人相撲)を始めたに過ぎない。 自分の国/国家の中に 既に 善人と悪人/犯罪者がいる(混在している)にも関わらず、それを問題視せずして 国を善とし・他国の性悪を主張(誇張)している先に、恥知らず(身の程知らず/無自覚/鈍感/無分別/無知盲目)な犯罪大国・売春大国・麻薬大国・武器売買大国として存在しているに他ならない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/03/15 00:41)

    そもそも 太古の昔から 地球も月も太陽も最初っから丸かった。 それにも関わらず/そんなこととは露知らずに、その先に やがて 賢者と称する知ったか振り者が 他の知ったか振りした賢者と称する愚かな者達に この地上世界は“平ら(平盤)だ”と言ったら その他の知ったか振りした賢者達が この地上世界は“平ら(平盤)だ”と尤もらしく愚民に説き教えて回った先に、「天文学」「天動説」「宗教(信仰/鵜呑み/言いなり/迷信/盲信)」「数学/幾何学/平面・直線思考・イメージ」「哲学/思想/想像」などあらゆる学問が 文明と共に蔓延し始めた。 やがて、16世紀になって光学レンズの発明によって肉眼の世界から 拡大鏡~メガネ~望遠鏡~天体望遠鏡~光学顕微鏡~電子顕微鏡~電波望遠鏡による知の世界の広がりと深まりが始まったに過ぎない。 16世紀後半に マゼランが偶然に世界周航(世界一周)したことによって ウソガバレた。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/03/14 21:02)

    戦争が起こって他国を侵略すれば、多かれ少なかれ残虐なことは起こる。それが世界の常だし、「清廉潔白な正義の軍隊」なんてものはこの世に存在しない。 内乱状態だった戦国時代の日本でも、同一民族であるはずの日本人同士が、互いに領土を侵略し合い、戦が終われば一兵卒への褒美として「乱妨取り(乱取り)」という略奪行為を許した。この中には当然婦女暴行も含まれる。 そんな感覚が、近代まで、いや、現代でも、世界中のあらゆるところで再現されている。 悲劇を繰り返したくないならば、戦争は出来る限り避けるべきだ。どこの国も初めは「防衛」を名目に軍備を拡張する。 古代の兵法家である孫子ですら、軍隊とは不吉なもので、戦争を避ける事に全力を尽くすべきだと言っている。 戦争とは究極の破壊行為。有為なものなど何も生み出さない。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する