史上最大の“パクリ”大作戦、フランスの象徴「パリ」をそのままコピー―浙江省杭州市

配信日時:2007年9月18日(火) 10時14分
史上最大の“パクリ”大作戦、フランスの象徴「パリ」をそのままコピー―浙江省杭州市
画像ID  84601
2007年9月、浙江省杭州市の郊外に巨大なエッフェル塔が姿を現した。いやエッフェル塔だけではない、その周りにはパリの街並みがそっくりそのまま再現されている。街そのものをコピーした、まさに“史上最大のパクリ”。
2007年9月、浙江省杭州市の郊外に巨大なエッフェル塔が姿を現した。いやエッフェル塔だけではない、そのまわりにはパリの街並みがそっくりそのまま再現されているのだ。エッフェル塔こそ実物の3分の1に縮小されているが、他はパリとまったく変わらない出来映え。見事なまでのコピーっぷりに、海外メディアは“海賊版大国・中国が街並みまでパクった!”と驚愕した。

この広厦天都城は、浙江天都実業有限公司が開発中の物件。一見するとテーマパークのように見えるが、なんとれっきとしたマンションなのだという。“居住地・観光地を兼ねた新式の分譲マンション”がうたい文句となっている。開発には8年の歳月と80億元(約1280億円)の予算が投じられる予定で、完成後には10万人が居住するという。規模的に言って、小さなパリが誕生するようなもので、まさに街そのものをぱくった“史上最大のパクリ”と言えそうだ。

気になるお値段だが、決して安くはないとのこと。ただしパリに移住することを考えれば十分にお値打ち価格なのだとか。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事