コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

闘病生活は5年目に突入、甲状腺疾患のジェット・リー、中薬で治療続ける―香港

配信日時:2015年7月14日(火) 17時52分
闘病生活は5年目に突入、甲状腺疾患のジェット・リー、中薬で治療続ける―香港
画像ID  476307
13日、アクションスターのジェット・リーが、甲状腺機能亢進症を明らかにしてから丸5年に。病状はそれほどよくなってはいないという。
2015年7月13日、アクションスターのジェット・リー(李連杰)が、甲状腺機能亢進(こうしん)症を明らかにしてから丸5年に。病状は目に見えてよくなってはいないという。鳳凰網が伝えた。

近年のジェット・リーは、カンフー映画で活躍していた頃とは全く違い、ふっくら体型がたびたび話題になっている。その原因とされるのが、5年前に明らかになった甲状腺機能亢進症との戦いだ。病気の影響で体重が一気に増え、心臓への負担も大きく、今までのような華麗なアクションを見せられなくなっている。

ジェットは6日、香港でチャリティーイベントに出席。公式の場面に姿を見せることが激減しているため、ここでもその体型が話題になった。この時、一緒に出席していた大手映画会社会長のチャールズ・ヒョン(向華強)氏と、その妻で芸能界のご意見番としても有名なティファニー・チャン(陳嵐)氏が、ジェットの現在の様子について語っている。

闘病生活も5年目を迎え、主に中薬によって治療を進めているという。状態はよい時もあれば悪い時もあるようで、それほどよくなってはいないことも明らかにしている。(翻訳・編集/Mathilda
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>