コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

経済低迷する日本、「断捨離」「終活」でダイヤを売却―台湾メディア

配信日時:2015年7月1日(水) 19時46分
経済低迷する日本、「断捨離」「終活」でダイヤを売却―台湾メディア
画像ID  474223
29日、ダイヤモンドの輝きは「永遠」であっても、経済の低迷の下では、「永遠」に所有者の指で輝き続けるわけではない。写真はダイヤ。
2015年6月29日、ダイヤモンドの輝きは「永遠」であっても、経済の低迷の下では、「永遠」に所有者の指で輝き続けるわけではない。日本では現在、ダイヤの指輪などが売却されている。統計によると、大幅な円安を背景に、日本の1−4月のダイヤ輸出量は前年同期比77%急増の3万8032カラット、輸出総額は30億1000万円に達した。中国新聞社が台湾の聯合新聞網を引用して伝えた。

日本がバブル景気に沸いていた1980年代、ダイヤの指輪やネックレスが女性のファッションを彩った。しかし、現在はその年代の女性が高齢化しているほか、経済が長期にわたって低迷していることもあり、クローゼットの中で眠っていたダイヤが売られている。同年代の女性はそのお金を旅行費や生活のための貯蓄に回しているようだ。ただ、買い取り価格は30年以上前に購入した時より低いこともあるようだ。

日本では、65歳以上の高齢者が人口に占める割合は2013年に25%と、1990年の12.1%から2倍以上に上昇した。中古品の売却増加の背景には、不必要な物は捨てシンプルな生活を送る「断捨離」という考え方が広がっていることがある。また、この世を去る前に相続の準備をする「終活」も影響しているようだ。

その他、日本のリサイクル市場の規模は09年以降、毎年約10%拡大し昨年は1兆5000億円に達したほか、中古のジュエリーやアクセサリーなどを合法的に売買する古物営業店舗の許可総数はここ10年の間に23%増加し74万1045店に達した。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>