コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

FIFA汚職、イタリア紙「日韓W杯の疑惑が明らかになる」=「韓国はベスト4を盗んだ」「平昌五輪でどんなショーを見せてくれるのか」―中国ネット

配信日時:2015年5月30日(土) 11時25分
FIFA汚職、イタリア紙「日韓W杯の疑惑が明らかになる」=「韓国はベスト4を盗んだ」「平昌五輪でどんなショーを見せてくれるのか」―中国ネット
画像ID  469759
29日、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、FIFA幹部の汚職問題と関連して、2002年に行われた日韓W杯の疑惑について報じた。
2015年5月29日、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、国際サッカー連盟(FIFA)幹部の汚職問題と関連して、2002年に行われた日韓ワールドカップ(W杯)の疑惑について報じた。

2002年日韓W杯では、イタリアとスペインが“被害者”となった。決勝トーナメント1回戦で韓国と対戦したイタリア。韓国のたび重なるラフプレーがファウルと判定されなかったばかりか、逆にエースのフランチェスコ・トッティが審判を欺いたとして退場処分に。その後も、ゴールが認められないなどの疑惑の判定によって敗れた。勝ち上がった韓国が次に対戦したのはスペイン。この試合では韓国選手のオウンゴールが取り消され、スペインのモリエンテスのゴールは認められなかった。コリエレ・デロ・スポルトは、今回のFIFAの汚職問題でFBIが2010年W杯での贈収賄に言及したことに触れ、「2002年W杯についても明らかになるだろう」としている。

これを受け、サッカー熱が高い中国のサッカーファンからも多数のコメントが寄せられている。以下はその一部。

「おれは(賄賂の授受があったことを)FBIよりも早く知ってたぞ。13年くらい前にね」
「この2試合の真相は、白日の下にさらさなければならない!」
「韓国の八百長技術は中国のはるか先を行っている」

「韓国は2018年のW杯予選への参加資格を停止してはどうだろう」
「韓国をFIFAから追い出すべきではないか」
「10年間試合禁止に。韓国はほかのスポーツでもこういうことをする。勝つためならどんな手でも使う小さいやつら」

「韓国がホスト国である試合は勝てる気がしない」
「あのW杯で、日本は尊重を勝ち取ったが、韓国はベスト4を盗んだ」
「2018年の平昌五輪で、韓国人はどんなショーを見せてくれるのか楽しみ」

「正義は“遅刻”するかもしれないが、“欠席”しはしない」(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する