「日本人への深い偏見が恥ずかしくなった」=中国人学生の胸に込み上げた熱い思い

配信日時:2015年5月28日(木) 18時19分
「日本人への深い偏見が恥ずかしくなった」=中国人学生の胸に込み上げた熱い思い
画像ID  469069
日本の貢献について、中国人はどのように見ているのか。西安交通大学の楊潔君さんが、作文の中で記している。
先日、米上下院合同会議で安倍首相が行った演説について、「第2次世界大戦への謝罪はなく、アジアを始めとする世界への貢献を強調する内容だった」との指摘が出た。では、日本の貢献について、中国人はどのように見ているのか。西安交通大学の楊潔君さんは作文の中で次のように記している。

「うわあ!日本語の本がいっぱい!」それが初めて日本語科の資料室に行った時に、ふいに私の口をついて出た言葉である。それからというもの、毎週水曜日、日本語科の資料室は、私と日本文学の「デートの場所」となった。私はそこで、日本語の活字の世界を存分に楽しんだのである。

そんなある日、小説を読んでいたら先生に声をかけられた。「ああ、それは前任の嵯峨先生がずっと大事にしていた本ですよ」「えっ?これらの本は全部学校が購入したんじゃないんですか?」「学校が購入したのはほんの一部だけです。日本国際交流基金や以前の先輩たち、日本人の先生たち、日系企業の社員などから寄贈を受けてこれだけの量になったのですよ」。私はしばらくあっ気に取られてしまった。

多くの中国人のように、歴史的な経緯から日本人に嫌な気持ちも持っていた私は、日本人がこんな「いい事」をしてくれるとは思っていなかった。さらに先生に聞いたら、「うちの日本語科が1984年にできてから、日本から無償援助をたくさんもらいました。日本国際交流基金のおかげで先生たちが無料で日本に研修に行くことができたし、毎年多くの日本語の本が寄付されました。向こうの事務室の器械は全部NECから寄贈してもらったのです」と答えてくれた。

その瞬間、熱いものが胸にこみ上げた。自分の日本人への深い偏見がちょっと恥ずかしくなった。これらの本にはみんなの友好と希望の気持ちが入っているのだとわかった。日本人への悪い印象も自分の中で変化していった。いったい、日本は中国の発展にどれほど役に立ち、どれほど貢献をしたのか。私は好奇心を持って資料を調べてみた。

1979年12月6日、大平首相が訪中し、長期低利の円借款、無償援助などを目的としたODAが開始された。1976年から2006年まで、日本は中国に3.2兆円の円借款を行った。その他にも、インフラプロジェクト、資金援助、文化的援助を含めた無償援助を行った。人的援助は、2002年までに日本が中国に派遣した専門家は4875人で、日本は中国からの研修生1万4210人を受け入れたのである。

私は大いに考えさせられた。日本からこうしたさまざまな援助を得たからこそ、中国の改革開放は水を得た魚のように勢いよく進んで、今日の輝かしい発展をもたらしたのだと言っても過言ではない。そして、数字には浮かんでこないような、友情に基づいた民間レベルの援助も数え切れないほどあったに違いない。そのささやかな1例が、私たちの資料室の本だったのだ。

私は魅力的な日本文学を楽しみ、専門知識を得ると共に、日本人や日本社会への認識も当初より客観的になってきたと思う。資料室の友情のこもった贈り物には、私たち日本語科の学生が日本について深く学び、日中両国の平和的な共存と発展に力を尽くしてほしいという意味がこめられている。私も微力ではあるが、本を通して学んだことを生かして、お互いの理解と交流を促進するような役割を担っていきたいと思う。それが、小さな贈り物へのお返しになればと願っている。(編集/北田

※本文は、第五回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「中国への日本人の貢献」(段躍中編、日本僑報社、2009年)より、楊潔君さん(西安交通大学)の作品「資料室の希望」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hig***** | (2017/02/20 16:33)

    当たり前と言えば当たり前かもしれないが、中国の インテリ学生たちは、正確に自国の歴史を見る目を 持っている。日本との戦争より、イギリスとのアヘン 戦争の方が、はるかに中国に被害をもたらした事も 知っている。だがあの中国共産党政権が、自分たちの 都合の良いように反日教育をしている。日本との関係 ばかりでなく、チベットはじめ近隣諸国との歴史にも 興味を持ってほしい。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事