<AIIB>インドと韓国が争う副総裁の椅子―米華字メディア

配信日時:2015年4月26日(日) 4時30分
<AIIB>インドと韓国が争う副総裁の椅子―米華字メディア
画像ID  464855
23日、米華字メディア・多維網は記事「インドと韓国が争うAIIB副総裁の椅子」を掲載した。中国主導で設立されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)。創設メンバー57カ国が決定したが、次は副総裁ポストや投票権を争う各国の駆け引きが始まっている。
2015年4月23日、米華字メディア・多維網は記事「インドと韓国が争うAIIB副総裁の椅子」を掲載した。

中国主導で設立されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)。創設メンバー57カ国が決定したが、次は副総裁ポストや投票権を争う各国の駆け引きが始まっている。AIIBの運営ルール作りはこれからの作業で、少しでも自国を有利にしようと各国は躍起になっている。

従来、中国が示していた構想では、アジアの国とアジア外の国を分け、後者の出資比率を25%前後に抑えることになっていた。残る75%をアジアの加盟国が通常の名目GDPと購買力平価換算のGDPの比率で分け合う。このプランでは出資比率1位は中国、2位がインドとなる。それだけにインドメディアは副総裁はインドが獲得する可能性が高いと報じている。

一方、韓国も自国の発言権確保のために副総裁の座を狙っている。韓国メディア・ソウル経済は欧州諸国、インド、ロシアなどライバルは多いが、米国とのパイプの太さという点で韓国にはアドバンテージがあるとして、副総裁の座を狙えると分析している。(翻訳・編集/増田聡太郎
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2015/04/30 01:31)

    韓国メディア・ソウル経済は そう言うのは構わないが、それと違って 朝鮮日報屋中央日報では 駆け込み韓国は 2~5%の持ちが部しか許されず アメリカからも嫌われているし 孤立状態だから 作戦失敗・中国にも米国にも無視されている・重要視されていなない・必要とされていないと報じている。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事