あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

北京国際映画祭のレッドカーペット、矢野浩二を襲った珍事にビックリ―中国

配信日時:2015年4月18日(土) 0時10分
北京国際映画祭のレッドカーペット、矢野浩二を襲った珍事にビックリ―中国
画像ID  463499
16日、第5回北京国際映画祭が開幕した。23日までの期間中、90の国と地域から出品された930の作品の中からノミネートされた15作品が最優秀映画賞や最優秀監督賞などの「天壇賞」を競うことになる。
2015年4月16日、第5回北京国際映画祭が開幕した。23日までの期間中、90の国と地域から出品された930の作品の中からノミネートされた15作品が最優秀映画賞や最優秀監督賞などの「天壇賞」を競うことになる。

中国で人気の日本人俳優、矢野浩二が映画「恋愛教父」の宣伝のため、監督共演陣と共にレッドカーペットを歩いた。

中国中央テレビ(CCTV)の生放送でのインタビューで矢野は「私は高倉健です」といつものユーモアをふるまったが、大舞台での生放送で緊張状態の男性アナウンサーは矢野のボケをスルー。置いてけぼりの矢野は少し気まずい思いをすることに。矢野は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「この世の中で最もバツが悪いのは、人が故意にボケてもそのボケに気づかないアナウンサー。言葉がない」と綴っている。

ほかにもちょっとした珍事が発生。「恋愛教父」の監督共演陣がレッドカーペットを歩いている中、制作関係者らしい2人の男が矢野の後ろを随行。俳優陣との記念写真にも加わり、CCTVのインタビューにも応じた。実はこの2人、全く映画と関係のない闖入者で、レッドカーペットを通過後、不審に思った関係者が取り押さえた。

今年はアーノルド・シュワルツェネッガー、リュック・ベッソン監督など海外からの特別ゲストが多数出席。年々グレードアップしている北京国際映画祭。厳重にされているはずの警備ではあるが、彼らがどのようにして会場に侵入したのかについては現在聴取中だ。(編集/武藤)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事