あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

世界軍事力ランキング、上位はやっぱりこの3カ国=日本と韓国もトップ10入り―露メディア

配信日時:2015年3月25日(水) 7時56分
世界軍事力ランキング、上位はやっぱりこの3カ国=日本と韓国もトップ10入り―露メディア
画像ID  460151
21日、軍事関連サイト「グローバル・ファイヤーパワー」が発表した軍事力ランキングで、米国、ロシア、中国が上位3位となった。
2015年3月21日、ロシアメディア・ブズグリャドによると、軍事関連サイト「グローバル・ファイヤーパワー」が発表した軍事力ランキングで、米国、ロシア、中国が上位3位となった。23日付で環球網が伝えた。

この軍事力ランキングは世界106の国・地域を対象に、経済的要素や地理的条件、陸海空軍の通常兵器能力など、核兵器を除いた50種以上の要素を考慮して算出したもの。1位は米国で、以下ロシア、中国、インド、英国、フランス、ドイツ、トルコ、韓国、日本の順だった。

専門家は「米国の軍事費は他の大国を大幅に超えている」と指摘。米国の軍事費は6120億ドル(約73兆4400億円)で、軍備として戦車8300台、装甲車2万5700台、火炎砲1700門、ミサイル発射システム1300セットを保有している。

2位ロシアの軍事費は760億ドル(約9兆1200億円)だが、保有する軍備は戦車1万5500台、装甲車2万7000台、火炎砲4600門、ミサイル発射システム3800セットとなっており、動員可能兵士の潜在能力と共に米国を超えている。3位の中国は軍事費が1260億ドル(約15兆1200億円)で、軍艦の保有数が520艘で世界一となっている。

中国が軍事力ランキングで世界トップ3に入ったのは今回が初めてではない。米ビジネス・インサイダーが掲載した、核兵器、戦車、戦闘機、空母、潜水艇、動員可能人員数、軍事費の7項目の比較による軍事力ランキングでも、中国は米国、ロシアに次いで世界3位にランキングされている。

このランキングでは、戦車と核弾頭の数量を除く5項目で米国がロシアを超えている。中国は動員可能人員数が約7億5000万人で世界一となっており、戦車の保有数でも米国を上回っている。(翻訳・編集/秋田)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<







/body>