外交安全対話でも改善しない日中関係、さらなる悪化へ=米専門家が分析―米メディア

配信日時:2015年3月21日(土) 23時39分
外交安全対話でも改善しない日中関係、さらなる悪化へ=米専門家が分析―米メディア
画像ID  459755
20日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「日中関係は全面的な対抗へ―米専門家」を掲載した。ある米国の専門家は日中の対立は緩和ではなく激化に向かうと分析している。写真は日中関係について報じる日本の新聞。
2015年3月20日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「日中関係は全面的な対抗へ―米専門家」を掲載した。

19日、東京で日中外交安全対話が開催された。2011年1月以来、4年ぶりとなる。日中関係が常に改善へと向かうのか注目されるが、米シンクタンクのアメリカンエンタープライズ公共政策研究所のアジア問題専門家、日本研究室のマイケル・オースティン主任は大きな前進はないとの見方を示した。

オースティン主任は先日、ウォールストリート・ジャーナル紙に、「日中関係は次第に対抗へと激化している」との記事を寄稿した。日本も中国も相手の国際的影響力を削ごうと力を尽くしている。日中の対立は政治、外交、領土問題といった利益をめぐる争いであり、歴史問題ばかりに注目すれば問題の中核を見失ってしまうとコメントしている。(翻訳・編集/増田聡太郎)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hat***** | (2015/03/30 18:35)

    確かに日中関係は今後、大きな進展はないと思うが、対立が激化する事もないと思う。中国は歴史問題については国内向けのパフォーマンスで、自国民の目線を逸らす為だけに使っているだけだし、領土問題は、弱い国相手には実効支配して領土を拡大していけると思っている。日本に対しては、手を出せないのは自分でよく知っている。あとは、政治外交問題については、中国は他国への舌戦は、一党独裁の強みを生かして、譲るということは無い。日本は日本で、東シナ海のちょっかいだけで済むように、質の良い軍拡を進めていく予定のはずです。外交的には、今までの歴代総理の中では一番頑張っているので頼もしく感ずる。中韓には一番、疎ましがられている総理だけれども応援したい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • RRR***** | (2015/03/21 23:43)

    この専門家の話を信じていいの?何もしないよりいいでは?
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事