<中国食品>春雨メーカー4社を摘発、発ガン性物質を添加!―広東省仏山市

配信日時:2007年8月13日(月) 10時40分
<中国食品>春雨メーカー4社を摘発、発ガン性物質を添加!―広東省仏山市
画像ID  80213
10日、広東省品質技術監督局は、仏山市で春雨メーカー4社に立ち入り検査を実行したところ、無認可の着色料や発ガン性物質である工業用パラフィンが添加されていたことを発見した。
2007年8月10日、広東省品質技術監督局は、仏山市で春雨製造業者4社に立ち入り検査を実行したところ、無認可の着色料や発ガン性物質である工業用パラフィンが添加されていたことを発見した。

摘発された4社は食品生産許可証・衛生許可証・工商営業証のいずれも持たない違法な製造業者。その生産環境もきわめてずさんなもので、床には無認可の着色料などが乱雑に積まれていた。当局は違法な添加物を押収、取り調べを進めている。

無認可の着色料だけではなく、工業用パラフィンの添加も発覚した。工業用パラフィンは強力な発ガン性物質として知られている。またお腹を下すなどの胃腸への症状をもたらす可能性があるという。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事