知り合ったばかりの日本人のサプライズに思わず涙=「国籍の色眼鏡は誰かを傷つけるだけ」―中国人実習生

配信日時:2015年3月13日(金) 8時35分
知り合ったばかりの日本人のサプライズに思わず涙=「国籍の色眼鏡は誰かを傷つけるだけ」―中国人実習生
画像ID  458526
日本を訪れた中国人が、それまで抱いていた日本や日本人に対するイメージを変えてしまう体験をすることはよくある。中国医科大学の李渓源さんは、日本での実習で小さな感動をたくさん覚えたようだ。資料写真。
日本を訪れた中国人が、それまで抱いていた日本や日本人に対するイメージを変えてしまう体験をすることはよくある。中国医科大学の李渓源さんは、日本での実習で小さな感動をたくさん覚えたようだ。

皆さんは、知り合って1週間の人に感動させられたことはありますか?私にはあります。そして、その感動が生み出したものに深く考えさせられました。

2013年の1月、私は日本の病院で1カ月間実習しました。ある日、私が部屋に戻ると、突然電気が消えて、リビングから「Happy birthday to you」の歌声が聞こえてきました。誰かの誕生日なんだと思ったら、友達のナホちゃんが「ほら、あなた今日は誕生日でしょう、何ボーッとしてんの、早く来て」と私を引っ張りながらリビングに行きました。キャンドルの光が穏やかに揺れていて、その中にみんなの笑顔がありました。私は感動のあまり、言葉が出なくなりました。友達の手作りのケーキを食べて、メッセージカードを見て、思わず涙が出ました。その時、私は世界で一番幸せな人間だと感じました。

生まれて23年、誕生日が冬休みの期間だったので、友達と一緒に祝ったことはありませんでした。人生で初めて、しかも日本の友達に祝ってもらうとは思いもよりませんでした。彼女たちは私と知り合ってわずか1週間なのに、何で私にそんなに優しいのかどうしても分かりませんでした。ナホちゃんに「何で外国人の私にそんなに優しいの?日中関係の悪い今、私のことをほっといても不思議じゃないのに」と聞いたら、彼女は笑いました。「何言ってんのよ。日本と中国は兄弟のようなものよ。時々けんかもするけど、仲良くしないといけないの。それに国は国で、個人は個人だから、国が原因で中国人を拒否したら理不尽じゃない?」。

その言葉を聞いて、私はびっくりしました。ここに来る前、何度も親戚に「こんな時期に日本に行くのは危ないんじゃない?何かあったらすぐに逃げるのよ」と忠告されました。自分も正直、ちょっと不安がありました。でも実際は中国人だと知られても、困ったことは一度もありませんでした。逆に、病院の先生たちは分らないことを細かく説明してくれて、道に迷った時はいつも助けてもらいました。今振り返ってみれば、どれもが小さなことですが、その小さな感動こそが私にとっての宝物です。

「どの国の人に対しても親切に接する」という彼女の考えに感動させられました。これこそが愛のあふれる世界につながるのではないでしょうか。国籍の色眼鏡をかけたら、ただ誰かを傷つけるだけです。双方に不利なことをやっても何の意味もないと思います。誰に対しても変わらない気持ちで接したら、感動のバトンは永遠につながっていきます。誕生会の穏やかに揺れるキャンドルの光は、今でもはっきり覚えています。それと同時に、彼女の言葉も耳に残っています。これからも彼女のように、その感動を自分の手で周りの人に伝えていきたいです。(編集/北田

※本文は、第九回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「中国人の心を動かした『日本力』日本人も知らない感動エピソード」(段躍中編、日本僑報社、2013年)より、李渓源さん(中国医科大学)の作品「キャンドルの光」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2017/03/05 15:34)

    別に、実際に接してみれば、なんてことはないんだけどね。 日中韓、それぞれに変な疑心暗鬼が蔓延してるっていうか。 国民性や文化の違いで驚く事もあれば、イラつく事だってあるだろうけど、それは同胞にだって感じる可能性のある事だし。 「こういうものなんだ」って一度理解してしまいさえすれば、多少の事は気にならなくなる。 もちろん、それでも互いに理解しがたい価値観や「常識」みたいなものがあったり、そこから生まれる反発もあるだろうけど、そこはじっくり話し合って互いに理解できるように歩み寄ればいい。罵倒に罵倒を返すのではなく、互いを高めるような関係になれるなら、言う事なしなんだけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事