コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国映画市場、月間興収が初の米国抜き世界トップに=ジャッキー・チェン新作など貢献―中国

配信日時:2015年3月3日(火) 16時27分
中国映画市場、月間興収が初の米国抜き世界トップに=ジャッキー・チェン新作など貢献―中国
画像ID  457072
2日、今年2月の中国の映画市場は700億円を突破する規模に。月間興行収入で初めて米国を抜き、トップになった。
2015年3月2日、今年2月の中国の映画市場は700億円を突破する規模に。月間興行収入で初めて米国を抜き、トップになった。騰訊が伝えた。

今年2月、中国の映画市場における累計興収は40億5000万元(約780億円)となった。米誌ハリウッド・レポーターの転電として騰訊が伝えたところでは、月間興行収入で初めて米国を抜き世界トップに。昨年7月、36億3000万元(約700億円)で中国映画市場における史上最高の月間興収を記録したが、それを大きく塗り替えている。

今年2月は「春節」こと旧正月時期が含まれたことが、数字を大きくけん引した。今年1〜2月の興収データを見ると、国産映画と海外映画の比率は75:25に。国産映画が圧倒的な強さを見せる。特に旧正月市場では、ジャッキー・チェン(成龍)の最新作「DRAGON BLADE」、チョウ・ユンファ(周潤發)主演「澳門風雲2」、ジャン・ジャック・アノー監督の中仏合作映画「狼図騰」が大ヒットを記録している。(翻訳・編集/Mathilda)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>