平昌冬季五輪の開催準備に大幅な遅れ、国際スキー連盟会長「懸念事項が1年以内に解決できる見込みない」―米紙

配信日時:2015年2月24日(火) 7時21分
平昌冬季五輪の開催準備に大幅な遅れ、国際スキー連盟会長「懸念事項が1年以内に解決できる見込みない」―米紙
画像ID  456223
23日、米紙ボストン・グローブは、2018年の平昌冬季五輪が無事に開幕できるのかという懸念の声が上がっていると報じた。資料写真。
2015年2月23日、米紙ボストン・グローブは、2018年の平昌冬季五輪が無事に開幕できるのかという懸念の声が上がっていると報じた。

ボストン・グローブは22日、2018年の平昌冬季五輪の開催準備が遅れていると報じた。報道によると、国際スキー連盟(FIS)のカスパー会長は、開催準備の状況について「非常に遅れている。こちらから出した質問や疑問に対して回答が得られていない事項がたくさんあり、それらが1年以内に解決されるという見込みもない」と述べているという。(翻訳・編集/蘆田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • pad***** | (2015/02/26 23:57)

    IOCにしろFIFAにしろ、各国際競技委員会は韓国という国の実態を、いい加減に学ぶべきだろう。というより何度、騙されれば分るのだろうか。 先に行われたアジア大会にしろ、その前のオリンピックやワールドカップでも、審判買収による不正ばかりで世界から大批判を受け、禁止されている政治パフォーマンスも繰り返し行い、しかも反省しない国民です。 力も無いのに、やたら見栄を張り、困ると日本に助けを求め、そして日本に助けられても一度も日本に感謝をした事が無い、恩知らずの国です。 F1でも能力が無いのに開催するといって、結局、F1ドライバー達から大ブーイングを浴び、結局、今年は開催されず。 世界の競技委員会はいい加減に韓国という国、国民の実態を学ぶ必要がある。 世界は韓国が「嘘と裏切り、責任転嫁の国」という事を知るべき。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事