「日本で仕入れた」とだまされて購入した“イヌ”の正体は…=飼い主、異臭放ち懐かない様子に気が付く―中国

配信日時:2015年1月13日(火) 5時18分
「日本で仕入れた」とだまされて購入した“イヌ”の正体は…=飼い主、異臭放ち懐かない様子に気が付く―中国
画像ID  449996
7日、江淮晨報によると、中国安徽省合肥市でペットとして購入された“イヌ”が実はキツネだったと分かった。
2015年1月7日、江淮晨報によると、中国安徽省合肥市でペットとして購入された“イヌ”が実はキツネだったと分かった。

先日、合肥市に住む男性は旅行に出かけた際、売られていた“イヌ”に目を奪われた。7000元(約13万円)と高額だったが、売り主は「日本で仕入れた」と“イヌ”の血統は信用できると話し、何より真っ白な毛並みに惹かれた男性は思い切って購入した。

男性は犬種の一種である「サモエド」を購入したと思い込んでいたため、ドッグフードを買い込んだが、不思議なことにその“イヌ”はドッグフードを食べず、自分にも懐こうとしなかったという。さらに異臭を放っていたため、「もしかしてキツネか?」と心配になり、友人に相談。

友人の協力のもと、男性は関連機関に連絡し、専門家によりサモエドではなく、白いキツネであると分かった。キツネは野生動物園で保護されているが、野生のキツネではないと専門家は述べている。同野生動物園では白いキツネの展示はなかったこともあり、関係者は今後も園内で飼育していくと語っている。(翻訳・編集/内山
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事