コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国の2014年失業率、経済の疲弊で過去14年間最悪=卒業先延ばす大学生は倍増の1.5万人に―海外メディア

配信日時:2015年1月3日(土) 15時28分
韓国の2014年失業率、経済の疲弊で過去14年間最悪=卒業先延ばす大学生は倍増の1.5万人に―海外メディア
画像ID  449381
2日、ロイター通信は、2014年韓国の失業率は過去14年間で最悪を記録し、2015年に卒業予定の大学生は卒業を先延ばし留年する者が相次いでいると報じた。写真は韓国・ソウル。
2015年1月2日、ロイター通信は、2014年韓国の失業率は過去14年間で最悪を記録し、2015年に卒業予定の大学生は卒業を先延ばし留年する者が相次いでいると報じた。3日付で参考消息網が伝えた。

報道によると、経済が疲弊している韓国で就職は一層困難になっており、韓国の大学生の中で、「就職状況は毎年深刻になっており、来年はさらに悪化するのではと不安だ」と語る声も聞かれている。

韓国の多くの大学では、卒業資格を持つ学生でも学生の身分を維持してもよいと認めている。さらに、中には就職できるまで、故意に単位を残して習得しない学生もいるという。2014年韓国政府が同国の33の大学に対して行った調査では、過去3年間で卒業を先延ばしにする学生は倍近く増加しており、その数は1万5000人に達したという。

韓国の就職市場では保障が手厚い長期雇用と比較的保障が薄い短期雇用があり、韓国の若者は長期雇用を希望している。これに関して韓国の専門家は、「20代の若者は本来なら就職市場で活発に活動するべきだが、韓国の若者は安定を目指しているため、市場も彼らをうまく活用できていない」と語る。(翻訳・編集/内山)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>