レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

朴大統領の弾劾反対デモに、なぜか米国国旗が登場=韓国ネット「上の人から配られれば日の丸も振りそうだ」「米国州に編入してもらえば?」

配信日時:2017年1月10日(火) 22時10分
朴大統領の弾劾反対デモに、なぜか米国国旗が登場
画像ID  541004
7日、韓国・CBSノーカットニュースによると、朴槿恵大統領弾劾に反対する集会で、参加者らが米国の国旗である星条旗を持って国歌を歌うという珍しい光景が見られた。写真は米国旗。
2017年1月7日、韓国・CBSノーカットニュースによると、朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾に反対する集会で、参加者らが米国の国旗である星条旗を持って国歌を歌うという珍しい光景が見られた。

同日午後2時ごろ、ソウル・鐘路区の清渓広場で「新しい韓国に向けた国民運動」の弾劾棄却集会が開かれ、米国の星条旗が配られた。これにより、一部の参加者らは国民儀礼と国家斉唱時に韓国の太極旗と米国の星条旗を振っていたという。

慶尚南道・巨済(コジェ)から早朝の飛行機で来たというキムさん(69)は、「現在の情勢を解決するためには、米国と手を繋がなければならないと思い、星条旗を持つことにした。韓国が息をしてこそ国民も生きていける」とし、仁川から来たチョンさん(75)も、「米国がいなければ今の韓国がここまで良くなることはなかった。これからも米国と手をとり(南北)統一をしなければならないと思い、星条旗を振った」と話している。

一方で、参加者の多くは「配られたから振った。どんな意味で配られたのかよく分からない」と明らかにしている。

ブースで星条旗を配ったという女性によると、「集会の主催者ではなく、個人的に配ったもの」とのこと。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「上(の人)から配られれば、日の丸も振りそうだね」
「主体性のない操り人形」

「もはやコメディー。トランプ次期大統領が助けてくれると思う?現地では(韓国)工場の移設話も出てるらしい」
「光化門には米国の大使館もあるのに、米国人はあれを見てどう思うかな。恥ずかしい」

「自分たちの利益だけを見て動くのが国際秩序。永遠の友邦なんてない。日本をやめて、これからは米国にくっついてごみのような扱いを受けるつもり?正しい判別もできないあなた方は保守じゃなくて、国をむしばむ大統領教の信者と同じ」
「だから金をもらって集会に参加するバイトだって言われるんだ。そんなにバイトしたいならうちのカフェに来ない?時給700円あげるから」

「お年寄りを利用するのはやめて」
「選挙権の年齢を下げるんじゃなくて、制限を設けよう。何の考えもない人たちに選挙権を与えるからこんなことが起こるんだ」

「だったら米国に行ってください」
「もう米国の州として韓国を編入して統治してもらえば?」(翻訳・編集/松村)
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事