レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

中国環境相、大規模大気汚染で国民に謝罪「いつ改善できるか明確に示すのは困難」―英メディア

配信日時:2017年1月8日(日) 17時20分
中国環境相、大規模大気汚染で国民に謝罪
画像ID  540772
6日、中国環境保護部の陳吉寧部長は記者会見で、中国北部を中心に昨年末から続く深刻な大気汚染について、「責任を感じている」と述べ、国民に謝罪した。写真はスモッグ発生時の上海。
2017年1月6日、中国環境保護部の陳吉寧(チェン・ジーニン)部長は記者会見で、中国北部を中心に昨年末から続く深刻な大気汚染について、「責任を感じている」と述べ、国民に謝罪した。英BBCの中国語ニュースサイトが伝えた。

陳部長は、16年の北京の微小粒子状物質PM2.5の年間平均濃度は15年比9.9%低下し、空気質指数AQIが「優良」か「良」の日の割合は15年に比べて3.1ポイント増加していると一定の成果を強調した一方で、「ここ数年続く冬季の汚染問題は解決されていない。冬季の気象条件は想像以上に不利・複雑だ」と述べた。

「いつになったらきれいな空気になるのか」との質問に対し、陳部長は「タイムテーブルを示すのは難しい」とした上で、「珠江デルタ地域の15年の空気質は概ね基準に達したが、広東省はこの問題の解決に向けた検討を2000年前後から開始している。およそ十数年の時間をかけて現在のような成果を達成した」と答えた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事