レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

エスカレーターで右側に立ち左側を空けるのは非科学的?―中国紙

配信日時:2017年1月7日(土) 18時40分
エスカレーターで右側に立ち左側を空けるのは非科学的?―中国紙
画像ID  540700
多くの市民にとって、エスカレーターで右側に立ち、左側を空けるのは一種のマナーとなっており、習慣化している。しかし南京地下鉄ではこのマナーを提唱しないという情報が広まっており、今までマナーとされていた行為が物議を醸す話題となっている。資料写真。
多くの市民にとって、エスカレーターで右側に立ち、左側を空けるのは一種のマナーとなっており、習慣化している。しかし南京地下鉄では安全面を考慮し、このマナーを提唱しないという情報が広まっており、今までマナーとされていた行為が物議を醸す話題となっている。北京晨報が伝えた。

広州地下鉄は約10年前より、上海地下鉄は3年前より、このマナーを提唱しなくなった。韓国はこのマナーのPRに力を入れたことがあるが、その後の調査により、エスカレーターを歩くことで生じる事故が高い比率を占めたため、取り消すことになった。

北京市特殊設備検測センター事故弁公室長の張弟華氏は記者に対して、これは科学的に見ても合理的ではないと指摘した。

まず設計面から考えると、エスカレーターは一般的な階段と異なる。階段の段差は16−17センチほどだが、エスカレーターは24センチほどで、歩いて用いる階段の高さを大きく上回る。エスカレーターの段差は人体の機能に適しておらず、そのため歩行に適さない。エスカレーターで歩く、もしくは走ると、人身事故が生じやすい。また、運行保障の面から見ても、長期的に右側に立つことで、エスカレーターの右側が消耗しやすくなる。

しかし北京地下鉄によると、2002年のPR開始から現在に至り、乗客はすでに左側を空ける習慣を身に着けている。乗客の流れや誘導などの安全面を考慮すると、急にこの習慣を変えさせるのは現実的ではなく、むしろ良好な秩序を破壊することになるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事