レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

いまだに安全性が低い生産現場、10日に1回以上のペースで特大安全事故が発生―中国

配信日時:2016年12月24日(土) 9時30分
いまだに安全性が低い生産現場、10日に1回以上のペースで特大安全事故が発生―中国
画像ID  538653
21日、中国新聞網は記事「2015年の中国、10日に1回以上のペースで特大安全事故が発生」を掲載した。中でも重大な事件4件の死者数は計289人を数える。写真は3日、内モンゴル自治区の炭鉱で起きた爆発事故。
2016年12月21日、中国新聞網は記事「2015年の中国、10日に1回以上のペースで特大安全事故が発生」を掲載した。

全国人民代表大会常務委員会の張平(ジャン・ピン)副委員長は21日、安全生産法実施状況に関する報告を行った。全体的には安定しているものの、特大安全事故(死者30人以上、あるいは重傷者100人以上、あるいは1億元(約17億円)以上の直接的経済損失をもたらした場合)の発生数は2015年に38件を記録したという。10日に1回以上というハイペースだ。

その中でも特に大きい事故となった4件では死者数が計289人を数える惨事となった。改善のためには管理監督体制の強化、安全生産関連の法規改定、農村での啓蒙などの対策が必要だと提案。企業による予防策強化を促すよう取り組む必要があると提言した。(翻訳・編集/増田聡太郎)
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事