レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

目が開いていない?審査ソフトでパスポート申請を却下されたアジア系男性―海外メディア

配信日時:2016年12月9日(金) 14時50分
目が開いていない?審査ソフトでパスポート申請却下のアジア系男性
画像ID  536938
アジア系のニュージーランド男性が、パスポート申請の際にアップロードした写真が理由で、パスポートの発給を拒否された。審査用ソフトウェアが、彼の写真では「眼が開いていない」と認識したからだという。
アジア系のニュージーランド男性が、パスポート申請の際にアップロードした写真が理由で、パスポートの発給を拒否された。審査用ソフトウェアが、彼の写真では「眼が開いていない」と認識したからだという。海外メディアの報道を引用して参考消息が伝えた。

BBC中国版によると、リチャード・リーさんの眼ははっきりと開かれていたが、システムが提供した情報では、「アップロードされた写真では、眼が閉じられていて、条件を満たしていない」と示された。

リーさんはこれに納得できなかったが、人種差別を受けたとは思っていなかった。「今回の原因は機械にあり、私はさほど気にしていない」と述べた。

22歳になるリーさんはオーストラリア・メルボルンで工学を学んでいる。パスポート申請時に自分の写真をアップロードし、ニュージーランド国内局オンライン写真審査ソフトが写真を審査した。

写真が却下された後、彼は、「僕の目は確かに小さい。だが、顔認識システムは新技術とはいえ、精密であるとは言い難い」と話した。

台湾生まれのリーさんは、ニュージーランドで育った。新しいパスポートを申請し、ニュージーランドでクリスマス休暇を過ごした後、オーストラリアに戻るつもりだった。

リーさんは新たな写真をアップロードし、無事審査を通ることができ、新しいパスポートを手に入れた。

ニュージーランド国内局の広報担当者は、「オンライン写真審査では、却下率が2割に達している。撮影時に眼を閉じてしまうことが主な原因だ。ネット上で示される却下に関する説明は、統一的なものだ」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集KM)
<在宅翻訳者募集>
日本語ネイティブ、中国語ビジネスレベルの在宅ニュース翻訳者(中国語→日本語)を募集しています。履歴書をお送りください。応募はこちら

<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事