レコードチャイナではコラムニスト中国語ガイドを募集しています。中国語/韓国語 翻訳者の登録もお待ちしております。

「君の名は。」中国で大人気も、日本はまったくもうからない!?ネットでは「この金は日本人に受け取ってほしい」の声も

配信日時:2016年12月6日(火) 11時30分
「君の名は。」中国で大人気も、日本はまったくもうからない!?
画像ID  536432
6日、日本のアニメーション映画「君の名は。」が12月2日に中国で公開されてから、興行収入はすでに3億元(約50億円)に迫っていると伝えられているが、中国のネットメディアは「興行収入がいくら高くても日本はもうからない」と報じている。
2016年12月6日、日本のアニメーション映画「君の名は。」が12月2日に中国で公開されてから、興行収入はすでに3億元(約50億円)に迫っていると伝えられているが、中国のネットメディアは「興行収入がいくら高くても日本はもうからない」と報じている。

中国でも他の上映作品を押さえて圧倒的な人気を誇っている「君の名は。」だが、中国メディアは「これほどの興行収入を目の当たりにして、日本はため息をつくしかない」と伝えている。原因は中国の映画輸入制度だ。

記事によると、中国で放映される海外作品には主に、あらかじめ分配率を定める方法と買い取りの2種類があり、それぞれ年間で一定の本数制限が設けられている。「君の名は。」は後者に当たり、映画製作大手の光線伝媒がわずか2000万元(約3億3000万円)ほどで配給の権利を取得したとされている。

記事はこの額について「国産映画1本の制作コストよりもずっと低い」と指摘。「君の名は。」の興行収入は6億元(約100億円)以上に達する見通しであることから、「光線伝媒は笑いが止まらないだろう」と伝えている。

ネットユーザーからは「新海誠監督の作品で(2000万元)は安い」「じゃあ、もう国産映画に投資するのはやめてくれ」「俺はむしろ、この興行収入は日本人にこそ受け取ってもらいたいと思う」といったコメントが支持を集めている。(翻訳・編集/北田)
中国富裕層向けの「オーダーメイドツアー」を展開予定!
中国語堪能でガイド資格をお持ちの方を大募集!詳細はこちら

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事