レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

「旭日旗はただのデザイン」韓国で歴史に無関心な若者が増加=韓国ネット「これは大変な問題」「歴史を忘れたら韓国は生きていけない」

配信日時:2016年8月18日(木) 7時10分
韓国、歴史に無関心な若者が増加=ネットが批判
画像ID  522658
16日、韓国メディアによると、韓流ガールズグループ「少女時代」のメンバー・ティファニーがSNSに旭日旗デザインを掲載し、韓国で批判を浴びている。しかし、こうした問題は今回が初めてでないばかりか、今後も繰り返される可能性が高いという。写真は旭日旗。
2016年8月16日、韓国・JTBCによると、韓流ガールズグループ「少女時代」のメンバー・ティファニーがSNSに旭日旗デザインを掲載し、韓国で批判を浴びている。しかし、こうした問題は今回が初めてでないばかりか、今後も繰り返される可能性が高いという。

ティファニーは日本からの解放を祝う「光復節」に、旭日旗デザインがあしらわれた「TOKYO JAPAN」のスタンプ文字をSNSに掲載した。このため、ネット上ではテレビ出演の中止を求めるなど、批判の声が相次いでいる。

しかし、これは一部の芸能人に限った問題ではないという。最近の韓国では、旭日旗について「特に気にならない」「赤色が目立つから、商品化したらよく売れそう」など、デザインの一つとして考える若者が増えている。韓国史を選択科目にする学校が増えており、子どもたちが歴史に関心を持たなくなっているのだという。さらに、こうした状況を利用する企業も増えている。一部の企業は「旭日旗模様はデザインの一つに過ぎない」と主張し、旭日旗デザインがあしらわれた商品を販売し続けている。

これについて、専門家からは「歴史的な事実や脈略を考えない断片的な商法だ」と指摘する声が出ている。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「これは大変な問題だ…」
「韓国史が必須科目じゃないなんて!。歴史を忘れたら韓国は生きていけない」
「非常識な若者は日本に追放するべき」

「私は旭日旗を見ると鳥肌が立ち、恐ろしいと感じる」
「日本に対する歴史意識が欠落した教育がもたらした現実」
「旭日旗には帝国主義戦争を擁護する意味が込められている」

「旭日旗ではなく戦犯旗と言うべき」
「ドイツでハーケンクロイツデザインの服を着たらどうなるか…」
「無知を利用して商売をする企業はすべて、詐欺罪で処罰されるべき」(翻訳・編集/堂本)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事