韓国人客のカップに「目の細い人の顔」描いて提供、ドイツのスタバに人種差別疑惑=過去には米国の店舗でも―韓国紙

配信日時:2016年1月26日(火) 22時30分
画像ID 
26日、韓国・朝鮮日報によると、ドイツのスターバックスで、店員が韓国人客に対して人種差別的な言動を行ったという。写真はスターバックスのロゴ。
2016年1月26日、韓国・朝鮮日報によると、ドイツのスターバックスで、店員が韓国人客に対して人種差別的な言動を行ったという。環球時報が伝えた。

記事によると、ミュンヘンのスターバックスの店員が、韓国人女性が注文したドリンクのプラスチック製のカップの側面に、目の細い人の顔をマジックで描いて提供した。記事は、「この絵は東洋人を差別する意味合いがある」と報じている。また、男性店員がこの女性に「疲れているようだね。店の奥のベッドで寝て行かないか」とセクハラまがいの発言をしたという。

女性がその後、韓国のネット上に事の経緯を書き込むと、韓国のネットユーザーからはスターバックスに対する批判や抗議の声が相次いだ。中には、英BBCなど海外メディアにメールを送って、取り上げてもらおうと訴えるユーザーもいた。

スターバックスは2012年にも同様の騒動を起こしている。米アトランタのスターバックスで、韓国人客に対してカップの側面に細い目のイラストを描いて提供した。この事実がネットで話題になると、スターバックスは韓国人客に正式に謝罪し、差別的な行為を行った店員を解雇している。(翻訳・編集/北田)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事