レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

中国人には理解不能!日本人が一番好きな中国史上の人物は“あの人”―台湾メディア

配信日時:2015年12月5日(土) 7時39分
中国人には理解不能!日本人が一番好きな中国史上の人物は“あの人”―台湾メディア
画像ID  494604
4日、台湾メディア・中時電子報は記事「予測不可能!日本人が一番好きな中国人はあの人だった」を掲載した。日本人がもっとも好きな中国史上の人物は曹操だという。中国では悪役だけに驚きを隠せないようだ。写真は河南省許昌市にある魏武帝広場の曹操像。
2015年12月4日、台湾メディア・中時電子報は記事「予測不可能!日本人が一番好きな中国人はあの人だった」を掲載した。

日本人が一番好きな中国史上の人物は誰だろうか?先日実施された調査によると、三国志の曹操だという。中国では乱世の梟雄(残忍で荒々しい人物)という評価が一般的で、三国志ならば諸葛亮、関羽、趙雲などが人気のキャラクター。なぜ日本人は曹操が好きなのだろうか。

その理由は江戸時代にまでさかのぼる。『絵本通俗三国志』という絵つき小説が大ヒットしたのだ。同書は中国の『三国演義(三国志演義)』を翻訳したものだが、独自に史書の内容を加えるなどより歴史事実に近い内容になっている。以来数百年、日本では三国志人気が続いており、さまざまな本が出版され、中国とは異なるイメージが構築された。

また日本人の好みもある。日本では強権の政治家が人気となるのだ。また自ら皇帝を名乗った劉備や孫権と違って、形式的には最後まで漢王朝に仕えたのも忠義の士が好きな日本人に響くポイントだろう。(翻訳・編集/増田聡太郎)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事