レコードチャイナではコラムニスト中国語ガイドを募集しています。中国語/韓国語 翻訳者の登録もお待ちしております。

MERS予防にマスク不要と言っていた韓国保健福祉相、マスク姿で登場=韓国ネット「セウォル号船長と同じ」「もう愛国心なんてなくなった」

配信日時:2015年6月3日(水) 12時48分
MERS予防にマスク不要と言っていた韓国保健福祉相、マスク姿で登場=韓国ネット「セウォル号船長と同じ」「もう愛国心なんてなくなった」
画像ID  470320
3日、MERSの予防にマスクは必要でないとしていた韓国の文亨杓保健福祉相が、マスク姿で会議などに出席していたことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。
2015年6月3日、韓国・国民日報によると、中東呼吸器症候群(MERS)に関する対応をめぐって韓国国内で批判が高まっている文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉相に、今度はマスク問題で批判が集中している。「MERS予防に必ずしもマスクは必要でない」との自身の発言に反し、マスク着用で公の場に現れていたのだ。

MERSの空気感染の可能性を否定してきた保健福祉部の立場に沿い、文保健福祉相もマスクは必須ではないとしていた。しかし、先月23日に仁川(インチョン)空港検疫所を訪れMERS対応状況について点検、専門家の諮問会議を主催した際の写真には、会議の席でマスクを着用している姿が写っていた。

韓国国内ではMERSの感染拡大とともにマスクの販売が急激に伸びており、あるオンラインショップでは5月30〜31日の週末の販売数が前の週末に対し709%も増加した。また、超微細な病原菌も遮断する高機能の医療用マスクにも関心が集中し、品切れ騒ぎも起きている。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「果てしない利己主義」
「自分だけ生きようと、国民にはマスクをするなと言う。セウォル号船長と同じだ」
「文長官のマスクは、もう品切れになった高機能の製品だ。よくぞ手に入れたな。庶民用ではなく、特権階級のマスクだ」
「こいつがMERSに感染すればいい」

「国民をばかにしてるのか?」
「経済学の博士がどうして保健福祉部の長官になったんだろう?まったく、見事な政権に見事な人事だ」
「MERSが落ち着いたら保健福祉相はまた代わるだろうね(笑)」
「保健は後回しの保健福祉部。国民をこんなに不安にさせるなんて、もう何も信じられない」

「もう愛国心なんてなくなった。海外に移民したい」
「僕はマスクをしてるけど、近所の人は誰もしていない。みんな、マスクをしている僕をMERS患者だと思って避けて行く」(翻訳・編集/和氣)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事